サラリーマン副業

【まずは月10万】人気のおすすめ副業9選!実際にやっていた副業の感想をまとめてみた。

私は現在、YouTube、ブログ、LINEスタンプ、イラスト投稿型サイト、Amazon書籍(絵本)の副業に挑戦中です。今は合わせて月10万ぐらいは稼げるようになっているのですが、ここまでくるのに一年はかかっています。さらに私が挑戦して挫折した副業はまだいくつかあります。挫折した理由は様々で、これは無理だと思ったものもありますし、努力不足だったものもあります。

今回は実際にやってみた副業9選を一気に紹介していきます。

副業というのは、合う合わないがあります。まずは気軽にやってみて「あ、これなら出来そうだな」というものを絞っていき、挑戦していくことをお勧めします。

まずは月10万を目指して頑張って行きましょう。ちなみに月10万もあれば、独立できる範囲内だと思います。

ぜひ月の余裕のある暮らしを目指している人も、独立を考えている人も、シンプルに会社を辞めたい人も参考にしてみてください。

[ad]

せどり

一つ目はせどりです。

せどりとは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

簡単に言えば、安く仕入れて安く売るのがせどりです。実際にお店に行って商品を安く購入するか、オンライン上で商品を購入して、Amazonや楽天、メルカリで販売する販売する方法です。

メリット

  • 再現性が高いある。
  • 特別なスキルがいらない。
  • すぐにお金になる。

デメリット

  • 働き続けないとお金にならない(外注等使えば解決できる)
  • 仕入れる為の初期投資が一定以上になる。
  • 売れる商品、売れない商品の見極めが必要。
  • 在庫を抱えるリスクがある。

もちろん上記のようなデメリットはありますが、せどりはおすすめの副業です。なぜなら再現性が高く副業の王道のようなものだからです。

そして、比較的にファーストキャッシュが早く、お金を稼ぐという感覚を身につけることができます。初心者の方の1番初めの壁は「一円を稼ぐということ」だと思います。そういった意味でもせどりは結果が出るのは早い副業です。

[ad]

webライター

次にwebライターです。

webライターとは、クラウドワークスやランサーズなどから仕事を受注して、文章を打ち込むというものです。

仕事と内容は、例えば〇〇についてまとめてくださいや、〇〇についてレビューを以下いて下さい等初心者が取り付きやすい内容も多いです。

主に一文字0,3~0,8円くらいの仕事が多いです。

メリット

  • 仕事の中には初心者歓迎などあり、取り組むやすい。
  • タイピング力と文章を作る能力が身につく。
  • 場所に縛られない。
  • 個人で稼ぐ力が身いつく

デメリット

  • 最初は稼げない(時給単価が安すぎる)。
  • 競争が激しい。
  • フロービジネスの為、働き続ける必要がある(安定がしていない)

webライターは初めは信用がないのでまず信用を積み重ねる必要があります。信用はクラウドワークスやランサーズなどで仕事をこなしていけば、徐々に積み重ねることできます。また、自分のブログなどを作ってポートフォリオとしてみて貰えば、それも信用につながります。

パソコンを打つのが苦にならない人であればおすすめの副業ですね

[ad]

ブログ

次にブログです。

ブログとは、日記風の記事をWEBサイト上に公開をして、広告をサイト内に貼り付け稼ぐものです。

もちろん趣味だけで行っている人もいますし、副業や収入目的で書く人はホームページに近くなりやすく、趣味で書いている人はSNSのようなものに近くなります。

ブログは多種多様ですが、ブログはオワコンと言われがちですが、まだまだ稼げるサービスの一つです。

メリット

  • ストック型ビジネスである。
  • やり続ければ、いつかは稼ぐことができる。
  • 自分のファンを作ることができる。
  • 場所を選ばない。

デメリット

  • 稼げるまで時間がかかる。
  • 多種多様な為、何を書けばいいかわからない(言い換えれば、自由度が高い)
  • ネタが尽きる

もちろんブログも参入者が多いため、やり続けないと収入が下がっていきます。しかし、ストックビジネスになっているため、働いていない時も収入になる為、おすすめの副業です。

さらにwebライターと必要なスキルが一緒の為、複業をするには相性がいいです。(もちろんwebライター以外の副業以外にも相性がいい副業が多い)。

ブログにはグーグルアドセンス(広告を貼り出す)稼ぎ方と楽天アドセンス(商品の購入に繋がれば、成果報酬をもらえる)の二つの稼ぎ方があります。

しかし両方とも集客できるブログは作れるまで、とても時間がかかります。

なので根気強く記事を更新していく必要があります。

イラストレーター

イラストレーターとは、クライアントから依頼を受けて絵を描いて収入を得る仕事です。

しかし、絵を描けるスキルはさまざまな媒体で利用可能なので、おすすめです。

メリット

  • スキルが蓄積される。
  • イラストを描くのが好きな人は、とても楽しい。
  • 有名になれる。
  • 初期投資が必要ない

デメリット

  • 時給単価が低い場合がある。
  • 商業レベル絵を描ける必要がある。(練習に時間がかかる)

私自身イラストレーターとして、独立を目指しているのおすすめしています。というのも、初期投資があまり必要なく、絵がそこまで上手くなくてもやり方によっては稼げるからです。普段イラストレーターの為のノウハウをまとめていますので、興味がありましたら、そっちもみてみてくださいね。

また、イラストはその人の個性が出るため、今後ロボットに仕事を取れる心配はありません。そういった意味では将来性がある仕事と言えるかも知れません。

ただ、イラストレーターの年収は低い傾向があるので、それは下の記事にまとめていますので、確認して見てください。

低い?イラストレーターの平均年収と上げていくためにどうすればいいのか?↓

プログラミング

次に紹介する副業はプログラミングです。

プログラミングとは、プログラムをコンピューターに入力していく仕事です。コンピューター言語を覚えてプログラムを打ち込んでいくことで、機械に特定の動作を覚えさせていく作業です。

メリット

  • 専門性が高い。
  • プログラマーの平均給与が高い。
  • 将来性がある。
  • 場所に縛られない。

デメリット

  • スキルを習得するまで時間がかかる。(難しい)
  • 向き不向きがある。
  • 学び続けなければならない

正直私自身もHTLMとCSSという言語まで学びましたが、途中でイラストを描く方が楽しくなってしまってプログラミングは諦めました。

プログラミングは難易度が高いため、競争率は他の副業と比べて高くはありませんが、その分参入障壁が高いです。

しかし、これからの時代に一番将来性があるスキルですし、自分でアプリを作ってもしそれが売れれば、一気にお金持ちという夢のある職業です。

これからの時代食べていくには、これ以上ないほど有力なスキルと言えるでしょう。

[ad]

YouTube

次にYouTubeです。

YouTubeは様々ジャンルがあるので、一概にまとめることができませんので、一般的に共通しているメリットデメリットをあげていきます。

メリット

  • 好きなことを仕事にできる。
  • 収入の天井が高い(月100万以上稼いでいるYouTuberはたくさんいる)
  • 影響力をもてる
  • 初期投資がいらない

デメリット

  • 動画を投稿し続けるのは大変。
  • いきなり稼げないし、時間がとてもかかる。
  • すでにレッドオーシャンは分野が多い

YouTubeはすでに人気の職業の上位になっています。その分参入する人が多いため、現在では苛烈な再生数の奪い合いになっています。

昔は稼いでいたけど、今はあまり稼げなくなったという話はよく聞きますが、私はまだまだ稼げる可能性がある分野だと思います。

それに初期投資が必要なく、失敗しても失うものは費やした時間だけです。(正確に言えば、次に活かすこともできるので失うものでもない)

つまりほぼノーリスクで、これだけのメリットを得られるので、いまだにおすすめの副業となっています。

Amazon Kindle

次にAmazonKindleです。

AmazonKindleは文章や漫画、エッセイなど多種多様です。自分ができることや発信できることをまとめてKindleに投稿していき、それが購入もしくはKindle Unlimitedで無料で見られることでお金を稼ぐことができます。

私自身も試しに適当に絵本を描いて出版してみましたが、審査がゆるく簡単に出版できました。(観覧数は全くみられていませんが、、、)

しかし、数打てば見られる数も増えて行きますので、根気強さが求めれるでしょう。

メリット

  • 完全なストック型の仕事
  • 特別な審査もなく、ノースキルで始められる。
  • 場所に縛られない

デメリット

  • 知名度があればいいが、なければそもそも見れない。
  • 労力がかかる
  • 時間がかかる。

[ad]

ハンドメイド販売

次にハンドメイド販売です。

ハンドメイド販売とは、アクセサリーなど自分で作成したものをオンラインで販売するものです。主にBASEやCreemaなどのハンドメイド販売専用のサービスを活用します。

メリット

  • 集客力が高い
  • 初心者でも簡単に出品できる
  • 無料で始められる。
  • 自分ならではの商品を作れる

デメリット

  • 他の商品に埋もれやすい
  • 価格やレビューがつく面で比較されやすい
  • 創作意欲が必要

ハンドメイドは自分の商品を作って、そして自分販売するという商売の基本を学びながら行うことができます。勉強にもなるので他の副業にも役に立てると思います。

しかし、一方で価格面などで他の出品者と比べられやすいので、競争率は高いでしょう。

ハンドメイドはそういった競争面もありますが、自分ならでは商品を作れるので、好きな人は好きですしアイディア次第では十分に儲かることができる分野でしょう。

[ad]

終わりに

副業というのは、基本的にうまくいかないことが多いです。

まずは初めてみて自分の合うものを見つけていくのが1番早い方法だと思います。

そして上手くいった副業を元に他の仕事にもリンクさせて、収入源を増やしていくといいでしょう。

本業で稼いでいる人は、日々の生活面のお金を気にしなくもいいので、儲かることを後回しにして、時間をかかっても一発デカいリターンのある副業をやってみるのも手だと思います。

また、副業は時間との勝負でもあります。本業の合間にやっていくのは並大抵の努力では成し遂げられない場面も必ず出てきます。しかし、将来のことを考えればサラリーマンは副業をやっていかなければいけない時代になりました。

一緒に頑張っていきましょう。

是非参考にして頂ければ嬉しいです。

ありがとうございました。