YouTubeの話

登録者10万人が明日からニート。YouTube広告が剥奪された話。

こんにちは!

私は外国人向けに動画を投稿するYouTuberです。

お陰様でインドの方で私の動画がバズったらしく、現在登録者が10万人を超えることができました。

どういった内容を投稿しているかというと少しH系のイラストメイキングの動画です。

そうです。YouTubeのガイドラインのギリギリを攻めています。

収益化が可能になり、4ヶ月ほど経ちました。

その間に大体の月収が40万ほどの収入がありましたが、突然youtubeから広告剥奪のメールを頂くことになりました。

私自身一度広告審査に通ったことから、完全に油断してました。

今回は

  • 広告を剥奪された話とその時の状況
  • 広告を剥奪された時の対処法。

の話をしていきます。

広告を剥奪された話と状況

先程も述べましたが、YouTubeの広告を剥奪されてしまいました。

現在の登録者が11万人ほどで、もし広告を剥奪されていなかったら大体60万円ほどの広告費だけで、稼げていたと思います。

正直かなり痛いですが、ギリギリの動画を投稿している以上仕方ないと思います。

広告剥奪の理由は、コミュニティガイド違反(性的なコンテンツ)といくつかの動画が判断されたからです。

収益が許可されていたとしても、YouTubeがコミュニティガイド違反だとしてくる。

これはどういった話かというと、私は普段からYouTubeから判断された「広告に適さない動画」は定期的に削除していました。

普段YouTubeでは広告が許可された場合緑色の$マークが動画につきます。

しかし、広告に適さないとYouTubeが判断した場合、以下のマークがつきます。

この黄色の$マークがついた動画は私は定期的に削除していたのですが、それであっても私は広告を剥奪されてしまいました。

私は黄色のマークがついた動画を定期的に削除すれば、大丈夫だと思っていたのですが、そうではないようです。

なので、常に投稿する動画がコミュニティガイド違反に抵触していないかが、自己判断で必要になってくることがわかりました。

いきなりYouTubeからメールが届くので気をつけて下さい。

広告を剥奪された時の対処法

広告を剥奪された時の対処法は、剥奪された内容にもよりますが、以下の3通りです。

  • 一ヶ月後に広告掲載の再申請をする。
  • YouTubeに問い合わせる。(クリエイターサポート)
  • フォロワーと協力して、広告を復活させる。

一ヶ月後に広告掲載の再申請をする。

ほとんどの人がこのやり方で広告を復活させると思います。

もちろん一ヶ月後の再申請をするまでの間に、コミュニティガイド違反をしているすべての動画を削除する必要があります。

しかし、YouTubeからどの動画がいけないのか明確な指定がないため、より多くの動画を削除してしまうことになります。

私の場合は明確に性的なコンテンツの心当たりがあるため、動画を削除して、広告復活を考えています。

広告を剥奪されたからといって、YouTubeのチャンネル自体はまだ健全です。

再申請はYouTubeから広告剥奪時そのやり方を教えてもらえますが、基本的に通常の広告審査方法と変わりありません。

YouTubeに問い合わせる(YouTube Chat SupportまたはTwitterのTeam YouTubeに連絡)

YouTube Chat Support と呼ばれる、サポートへ連絡をして、不正に収益化が停止した旨を伝えると良いでしょう。

しかし、こちらの方法だと「一ヶ月後にまた再申請してね」と言われる確率が高いようです。

ですので、Twitterの方からTeam YouTubeに問い合わせることをおすすめします。

この方法で YouTubeのAIではなく、人の目で動画が広告に適しているのかを確認してもらうことができます。

フォロワーと協力して、広告を復活させる

この方法は、フォロワーが多く、動画がコミュニティガイド違反に反してないと思える時に使える方法です。

YouTubeのAIはたまに誤作動を起こす場合があるので、間違って広告を剥奪する場合もあります。

YouTubeでは、各チャンネルにフィードバック機能が付いています。

その機能からYouTube訴えることで広告が元に戻るパターンもあります。

その方法はこちらです↓

①YouTubeで「広告を復活させたいチャンネル」を開く

②右上のアイコンをクリック、「ヘルプとフィードバック」をクリック

③サポート画面の一覧から「フィードバックを送る」をクリック

④「性的な満足を満たすための動画ではない」といった内容のフィードバックを送信

以上です。

フォロワーの声でチャンネルの収益が戻る場合があるようです。

広告はいつ剥奪されるかわからない

YouTube広告はいつ収益が停止になるかわかりません。

年々微エロ系のチャンネルが厳しくなっていったり、ゆっくり実況なども「繰り返しの多いコンテンツ」とみなされたりケースもあります。

そうなったときのためにも以下対策はしておいた方がいいでしょう。

  • サブチャンネルを作っておく。
  • YouTubeの広告収益だけに頼らない。

サブチャンネルを作って置くことで、メインチャンネルが広告剥奪されたときのリスクヘッジになります。

また、やはり YouTubeの広告収益だけだと生活も不安定になってしまう場合もあります。

私自身も YouTubeのフォロワーが10万人以上いても広告収益だけに頼っていたら、かなりきつい状況になってしまっていました。

なので各々リスクヘッジすることが大切です。

最後に

今回は私が YouTube広告を剥奪された話をしてきました。

ちなみにまだ収益が戻っておらず、再申請までの一ヶ月後まで待機中です。

また収益が戻り次第、記事にしていきたいと思います。

最後まで見てくれてありがとうございました。

RELATED POST