Uncategorized

【YouTube】登録者10万人の収益はいくらなの?

こんにちはつっしーです。

今回は「チャンネル登録者数10万人の収益はいくらなのか?」というテーマで話していきます。

実は先日私が運営しているチャンネルが登録者数15万人を達成することができました。

今回は私が登録者10万人の時の収益を紹介していきます。

早速ですが、私の月のYouTube広告収益は

ざっくり40万円前後くらいです。

これはチャンネル登録者10万人の時から変わっていません。

というのも、YouTubeの広告収益はャンネル登録者数ではなく、再生回数によって変わってくるからです。

ちなみにこの収益は他の10万人のチャンネルと比べて少ない方だと思います。

動画が回っていないわけではなく、私のチャンネルの広告単価が恐ろしく低いからです。

1再生あたり、0,03円くらいです。

なぜこんなに再生単価が低いのでしょうか?

YouTube10万人の収益は平均は?

以前、ブロガー兼ビジネス系YouTuberの『マナブ』さんが登録者10万人の時の収益は約100万円だったとツイートしていました。

ビジネス系動画は再生時間も長く、広告単価が高いと言われています。

一方でエンタメ系などのYouTube動画は広告単価0,1円も満たない時もあるため、再生回数でカバーしないといけません。

YouTubeの収益は再生回数と動画のジャンル、国別によって変わっていますが、おそらく登録者10万人以上いれば、収益は50万〜100万くらいになると推測できます。

なぜ私のチャンネルの広告収益が低いかというと、

  • インドなどでバズった(インドの広告単価は日本の5分の1程度)
  • 再生時間(動画の長さ)が短い
  • アダルト系のイラストを描いている

などという理由で広告単価がとても低くなっています。

単価を上げるためには、再生時間を長くし、ジャンルを大人向けに変えることで改良できます。

チャンネル登録者10万人の難易度

以前このような記事を書きました。

この記事は『YouTubeのチャンネル登録者数に応じた割合とその収益をまとめた記事』になります。

この記事からも分かるように、チャンネル登録者10万人以上いるYouTubeチャンネルは全体の

上位0,4%しかいません。

かなり難易度が高いわけです。

収益狙いは安定しない。厳しい現実

チャンネル登録者10万人以上いたとしても、全く安泰というわけではなりません。

私のチャンネルは過去に二度収益審査に落とされた上、一度収益が剥奪されています

つまり、いきなりチャンネルがBANになる可能性があります。

私のチャンネルはその可能性が他のチャンネルより高いと言うだけで、これはどのYouTubeチャンネルにも当てはまると思います。

YouTube自体いつまで続くかわからないという不安もあります。

そのため、初めはYouTubeの広告収入を当てにするものいいととは思いますが、広告収益の他にも収入源を確保しておく必要があります。

一番おすすめなのが、『自分のコンテンツ』を作って、販売することだと思います。

大物YouTuberのヒカルが自社のブランドを作って、販売したようにYouTubeは広告収益以外も『影響力』という他のビジネスでなかなか得られない財産を手にすることができます。

YouTubeを広告に使うことで、月200万、300万円と利益を出すことだって可能になります。

チャンネル登録者10万人を狙う戦略

どうすれば登録者10万人を達成することができるのでしょうか?

  • 得意分野のジャンルに絞ること。
  • 伸びた動画を分析して、集中投下すること。
  • ショート動画の活用(YouTube shorts)

戦略をしっかりと立てて、コツコツ内容の濃い動画を作ることが大切です。

それではそれぞれ解説していきます。

①得意分野のジャンルに絞ること。

これはとても重要なことです。

逆にやってはいけないことは「動画投稿初期に様々ことに手を出してしまうこと」です。

有名なYouTuberであれば、固定ファンがいるため、どの動画を出してもある程度動画は再生されますが、ファンがついていない初期にそのようなことをやってしまうと、視聴層がバラバラになり、やがてあなたのチャンネルを見る人がいなくなってしまいます。

そうなってしまうとYouTubeがあなたの動画を誰にもおすすめに載せてくれなくなってしまうので注意が必要です。

ただ、『やりたいことが定まってない、わからない』という人は逆にいろんな動画を撮ってみて、その中で伸びたジャンルのみを投稿していくのも良いかもしれません。

②伸びた動画を分析して、集中投下すること。

伸びる動画には、伸びる理由があります。

動画の内容、サムネイル、タイトルなど、視聴者を惹きつける魅力があるということです。

ある程度動画を投稿した後、一番伸びた動画のデータを分析することが大切です。

YouTubeはある程度似たような動画を投稿しても、動画は伸びる特徴があります。

なので、バズった動画があれば、その似たようなジャンルを攻めるというのがおすすめです。

実際に私も「

③ショート動画の活用(YouTube shorts)

今圧倒的におすすめなのがこの『ショート動画』になります。

昨年からかなりショート動画が熱くなってきています。

ただ、ショート動画での収益は見込めませんが、登録者を増やした上でロングの動画を作ることで、その問題は解消できます。

また、ロング動画を作るのことで、視聴者がよりあなたのチャンネルのファンになってくれる可能性が上がります。

ショート動画は自分の動画の『広告』として使い、ロング動画で『収益』を得ることが現在の一つの戦略と言えます。

私は現在1日1本のロング動画と1日3本のショート動画を毎日投稿しています。

さらにYouTube shortsで作成した動画はTikTokやInstagramやTwitterなどで共有して投稿もできます。

そうすることであなたのチャンネルの認知度を広げることができます。

以前YouTube shortsについてまとめた記事があるので、良かったら参考にしてみてください。

終わりに

今回はチャンネル登録者10万人以上の私がYouTubeの収益などについて話していきました。

YouTubeの再生回数や収益はチャンネルの属性などによっても変わりますので、あくまで「私のチャンネルが」ということになります。

一般的にチャンネル登録者1人に対して、月収が10円上がると言われていますが、私のチャンネルは全くそんなことはありません。

これからYouTuberになりたいなら、将来性があるジャンルで戦っていく必要があるのかもしれません。

というのも年々YouTube自体規約が厳しくなっているので、私のようなチャンネルも淘汰されるのも時間の問題だからです。

ただ、それらを踏まえてYouTubeを上手に活用することで、収入面やあなたのビジネス面でも大きな成長をもたらしてくれます。

私自身もYouTubeを始めて人生が変わりました。

これからも一緒に頑張っていきましょう。

この記事が参考になれば嬉しいです。

RELATED POST