YouTubeの話

【悲報】1年間毎日動画投稿を続けても、YouTubeで生活費は稼げません。〜チャンネル登録者1万6千人〜

こんにちはつっしーの筆です。

https://youtube.com/c/tsushinofude-WhiteboardArt

このチャンネルを解説してから1年3ヶ月ほどが経過しました。

投稿本数はショート動画を含めて、毎日投稿をし続けましたが、生活費を稼ぐことはできていません。

今回はこのチャンネルの現状を公開しつつ、伸び悩みの原因を考察していきたいと思います。

動画投稿に低迷している人や、これからYouTubeに参入したい人は参考にしてみてください。

1年間毎日動画投稿を続けても、YouTubeで生活費は稼げません。

このチャンネルの毎月の収益は平均約5万円程度です

目標の「生活費を稼ぐ」となると、年間60万では全然足りません。

せめて月10万円くらいあれば、また変わってくると思うので、当面の目標は月10万円です。

月10万円になぜ届かないのか?

その理由を考察してみました。

チャンネル登録者1人に対して、約10円は全くの嘘

おかげさまで現在私のチャンネルは登録者数1万6千人います。

本当にありがとうございます。

ただ、ちまたでは「チャンネル登録者1人対して、月の収入が10円上がる」と言われていますが、それは全くの誤解です。

誤解というか本当にチャンネルによりところが大きでしょう。

ビジネス系や視聴時間の長いチャンネルはチャンネル登録者1人あたり月10円以上ある可能性があります。

ただ、私のようなエンタメ系のイラストメイキング動画では、登録者1人に対して月3円程度です。

なので、月10万円を稼ぐには少なくともチャンネル登録者が3万5千人は必要になってくるでしょう。

そもそもYouTubeの収益はチャンネル登録者数ではなく、再生回数によって変わってきます。

なので、もし収益を伸ばしたいのであれば、チャンネル登録者を増やす施策ではなく、どれだけ多くの人に見てもらいやすかを考えていかなければいけません。

エンタメ系の広告単価は低い

エンタメ系の動画は視聴されやすいという反面、広告単価は低いです。

YouTubeの広告単価は0,1〜0,8円程度だと言われます。

また、この広告単価は主に動画のジャンル、ターゲット層、動画の長さによって変わってきます。

もし、広告単価を上げたいのであれば、長めの動画を作るのが一番の近道でしょう。

私も一時は長めの動画を作るようにしましたが、私の場合は顔出しなし、声出しなしのポリシーでやっていたので、長尺の動画を作るのには限界がありました。

ただ、長尺の動画が伸びるとRPM(1000再生あたりの収益を示す指標)が伸びたのも事実です。

長尺の動画は動画視聴維持率が下がりおすすめに乗りにくくなってしまう可能性もあります。

動画の視聴維持率をどうにか保ちつつ、長く楽しんでもらえる動画を作ることが大切になってきそうです。

再生回数が横ばい、下がってきている

再生回数が横ばいになっています。

むしろショート動画は上がり下がりが激しいので、むしろ下がってきています。

以前のように再生回数を回復のためには、よりショート動画を作り、バズらせるしか方法はないように思いますが、ショート動画は長尺の動画を視聴したいユーザーとは異なるため、必ずしも収益が上がるとは限りません。

むしろ、視聴しないターゲットにおすすめに上がってしまう可能性があり、クリック率が下がってしまう可能性もあります。

諸刃の剣なのです。

私の実力不足が一番の要因だとは思いますが、長尺の動画も見られやすいように動画作りをしていく必要があります。

再生回数増やすためには

横ばいの再生回数を増やすためには、よりYouTubeさんからの恩恵を受けなければいけません。

つまり、よりおすすめに出してもらうためにはどうすればいいかを考えた上で、データを見直していきたいと思っています。

YouTubeのおすすめに乗るには、動画のクリック率(サムネイルから動画を見てもらう率)とエンゲージメント(コメントやグットボタン)を高めていかなければいけません。

よくよく考えたら、私あんまりこういったことはしてこなかったので、今後はこういったことも改善していきたいと思います。

今後の方針

今回私のYouTubeチャンネルを見直して、今後の方針の改善すべき点をまとめていきたいと思います。

  • 長尺の動画を作る。
  • 動画を長めにみてもらえるように工夫する。
  • 視聴者が楽しんでみてもらえるようにする。
  • コメント、グットボタンを押してもらい、視聴者のエンゲージメントを高める

です。

その上で、私は今後新しい動画を作っていきます。

今企画しているのが「リクエストを描いてみた」と「字幕を入れてみる」ということです。

リクエストを描くことで、少しでも皆さんに喜んでもらいたいのと、そうすることでコメントが増えるのでないかと思うからです。

また、今までの顔出しなし、声出しなしを維持した上で、イラストメイキングに飽きがこないようにするには、字幕をつけるのがいいかもしれないと思ったからです。

今後はこの改善をした上で、どう変わるかを観察していきたいと思います。

また何か分かり次第、また記事にしていきます。

ちなみに描いて欲しいアニメキャラがあれば、リクエスト待ってます。↓↓

https://youtube.com/c/tsushinofude-WhiteboardArt

YouTubeで収益5万円を得て変わったこと。

最後に、YouTubeを初めて良かったことを紹介していきます。

生活費という目標が未達成とはいえ、平均して月5万円はあることで、私の生活は大きく変わりました。

私の生活は約20万円ほどなので、その4分の1がまかなえている状態です。

月5万円もあれば、生活費の大半をカバーすることができます。

例えば、

  • 通信費や光熱費
  • 食費
  • 趣味

他の副業と掛け合わせると独立もできそうです。

自由への第一歩

私自身会社員を辞めて、独立する上で月5万円は副業で稼ぐ必要はあると思います。

その上で、YouTubeは広告収益を得れる上で、宣伝もできますので、かなり優れたプラットフォームと言えれるでしょう。

また、ネット上で稼げたという実感が湧きました。

今までは、「本当にネットで稼げるのか?1人で稼げるのか?」という疑問がありましたが、毎日投稿をすることで「収益化ぐらいは誰でもできる」ということがわかりました。

才能ないと無理なんじゃないかとか、やり方が間違っているのでないかとか様々な疑問や不安に押しつぶされそうになりました。

しかしそれを乗り越えて、自分で、しかも趣味だった絵でお金を稼ぐというのは、本当に自信になりました。

これも全て応援してくださる方のお陰です。

また、以前の私に言いたいのが、

「才能がなくても、自分に自信がなくても、コツコツ諦めずに続ければ、必ず結果がついてくる」

ということです。

まとめ

ここまで見てくれて本当にありがとうございました。

YouTubeを1年続けられたのは、本当に自分でも驚きです。

しかし、まだまだ工夫が足りないんだと今回記事を書いて思いました。

今後はより皆さんに楽しんでいただけるようなコンテンツを作っていきたいと思います。

また、こういった私の活動も発信していきますので、よかったらこのブログやYouTubeに遊びにきてください。

参考になれば幸いです。

RELATED POST