YouTubeの話

【悲報】「大人向けなコンテンツ」を投稿している登録者10万人のYouTuberの末路。

こんにちはつっしーです。

将来なりたい職業上位に入っている憧れの職業YouTuber。

最近はYouTubeから人気になっている人が増えてきていて、逆に有名人がYouTubeに参入してしています。

どんどん白熱しているYouTubeは本業、副業関係なく、誰でも大きく稼げる可能性があります。

しかし、どうすれば再生回数が取れるのでしょうか?

その中の一つの答えが「ちょっと大人系なチャンネル」だと私は思っています。

というのも、過激な動画やチャンネルの方が視聴回数が取れるからです。

大人気YouTuber「はじめしゃちょー」も企画で少しサムネが性的な動画を投稿したりしています。

また、最近だとショート動画の台頭で、さらにそのジャンルに脚光が浴びることになりました。

有名な女優の参入や一般の人でもTikTokから有名になってから参入している人もいます。

大人向けチャンネルは性別関係なく参入できるジャンルだと私は思っています。

現に私はYouTubeで登録者13万人のチャンネルを運営しています。

https://youtube.com/c/nishisensei

私はこのチャンネルを立ち上げて約3ヶ月で10万人を達成することができました。

しかし、調子がよかったのは初めだけで、このチャンネルの収益が2ヶ月前に剥奪されてしまい、今も審査が通っていません。

正直広告収益を得られないのは辛いです。

YouTubeの規定は年々厳しくなってきているので、健全ではないチャンネルは淘汰されてしまう未来も十分にあり得ます。

どういったチャンネルが大丈夫で、どういったチャンネルが大丈夫ではないのか?また大人向けのチャンネルでも活路は見出せるのか?

今回は

  • YouTubeで大人向けチャンネルは年々厳しくなってきている現状。
  • それでも活路は残されている。
  • 性別関係なく大人向けチャンネルでやっていく方法。

という内容の記事を書いていきたいと思います。

前置き

この記事は、Googleのアドセンス対策のため、一部言語の言い回しを変えております。

読みづらい部分があるとは思いますが、何卒ご了承下さい。

私がこの記事を書こうと思ったのは、今問題を抱えている人に何かしらヒントになればと思ったからです。

  • YouTubeで広告審査に通らない人
  • YouTubeに燻っている人
  • 何かしらの副業に挑戦してみたい人

そういった人のために少しでも参考になれば幸いです。

なぜ少し大人系なチャンネルをやろうと思ったか

私はさっきから「大人向けチャンネル」といってますが、実は私のチャンネルは少しジャンルが違います。

例えるなら「秘宝館」に近い分野なのですが、「アート」と「性的な表現」と「笑い」が合わさったチャンネルのようなものです。

そもそも健全なイラストメイキング動画を撮っていたのですが、これはちょっとメインには投稿できないなと思い、サブチャンネルを立ち上げたのが始まりでした。

初めはただかわいいアニメキャラのイラストメイキング動画を投稿していただけでしたが、気づいたらこのチャンネルも「大人向け」言っても間違いないところまできてしまいました。

また、言語を必要としないチャンネルを作りたかったということもありました。

というのも、今日本の人口は減少傾向にあります。

より広いフィールドで戦うためには、言語の壁を超えて世界向けに発信していかなければいけません。

世界の視聴者が見やすいように言語を色々変えて投稿した結果、インドでバズり、登録者10万人を超えることができました。

立ちはだかる「収益化ガイドライン」の壁

しかし、チャンネルの内容も内容だった為、初めの収益化審査には落ちることになりました。

YouTubeではどの動画が「セーフ」でどの動画が「アウト」か教えてくれません。

なので、自分の判断でほとんどの動画を削除することにしました。

二回目の収益化審査までに今までの動画を削除して、安全な動画を残すことでなんとか収益化をさせることに成功させました。

しかし、成功させたのは束の間、約3ヶ月でYouTubeのチャンネル収益を剥奪されることになりました。

そして現在2ヶ月間は収益審査に通っていない状況です。

やはり、「性的なコンテンツ」を投稿しているチャンネルはきつい状況にあるようです。

あっち系のチャンネルのメリット・デメリット

メリット

  • 再生回数が取れやすい
  • ショート動画の台頭により、世界の視聴者から見られやすい

デメリット

  • 収益化が通りずらい
  • チャンネルの存続自体が危うい可能性がある
  • 他の人に言いずらい(世間体)

YouTubeでは年々性的なチャンネルは厳しくなっている

以前、2チャンネルの創設者の「ひろゆき」さんもYouTubeで言っていたのですが、YouTubeの健全ではないチャンネルはこれからどんどん厳しくなっていくとのことでした。

そもそもYouTubeのAIがどんどん進化していき、健全な動画と健全ではないチャンネルを見分けられるようになってきているというのも大きいです。

AIは動画内の映像、発言を分析したり、タイトルや概要欄も考慮されています。

私自身も今までOKだった動画が広告つかなくなっていたりしているので、どんどんYouTube側が厳しくしているというのを感じられます。

教育的コンテンツは許される場合がある。

性的なコンテンツが全くYouTube内で許されないのかというとそうではありません。

そもそも私がこういったチャンネルをやろうと決めたのは、初めは「芸術的なコンテンツ」をやろうと思ったからでした。

当時海外のYouTuberをみた時に、「デッサン」として女性の体を描いていたとしても、そのチャンネルの収益が剥奪されることありませんでした。

YouTubeの公式でも以下のようなことが公表されています。

「性的なコンテンツに関するポリシー」にて抜粋

教育、ドキュメンタリー、科学、芸術が主な目的であり、必要性や脈絡がある限り、ヌードが許可される場合もあります。たとえば、乳がんに関するドキュメンタリーは適切なコンテンツと判断されますが、性的満足のためにそのドキュメンタリーから抜粋したクリップを投稿した場合はその限りではありません。先住民のコミュニティ、医療処置、出産、芸術的演目、または授乳の映像から抜粋されたヌードは、ドキュメンタリーの例外を満たしていない可能性があります。映画、音声ストーリー、音楽、ビデオゲームなどの芸術的コンテンツにおける性的なシーンの描写についても同様です。動画の主な目的を YouTube や視聴者が容易に判断できるよう、タイトルや説明でコンテキスト(動画の状況説明)を提供するように心がけてください。

日本でも「SHELLYのお風呂場」などオープンに性教育コンテンツして、活動している芸能人もいます。

投稿者側からしたら、ホワイトかグレーゾーンかブラックか判断が難しいところではありますが、それでもジャンルを掛け合わせることで、今後のYouTubeでも活躍することができます。

大人向けコンテンツを投稿していくためには

再生回数が取れやすいということを引き換えに、チャンネル自体の存続の危うさや広告単価の低さがこのジャンルのチャンネルにはあります。

それでも再生数のためにキワドイチャンネルでやっていきたい人のために、どうやってそのチャンネルと向き合っていくかを考えてみました。

様々なジャンルと掛け合わせることを考える。

男性でも私のようにデッサンやイラストメイキングなどで掛け合わせることで「性的なコンテンツ」と見做される場合もあります。

他にも情報系、ビジネス系でYouTubeやエンタメの企画として「サムネに性的なアピール」を取り入れている人気男性YouTuberの方もいらっしゃいます。

顔出ししなくても、マンガ系のチャンネルでもそういったチャンネルが見ることができます。

YouTube内でもキワドイ動画をいくつも拝見することができます。

正確にはそういったことを匂わせるチャンネルが多いということですが、やり方によっては誰でも参入できるジャンルの一つです。

サブチャンネルも同時並行して育てておく

保険としてサブチャンネルも開設しておいた方がいいです。

例えば、男優の「しみけん」さんがメインチャンネルを閉鎖された時に、サブチャンネルをスライドしてメインチャンネルにしたり、TikTokで有名になった「ゆでたまごチャンネル」さんも収益が剥奪されていた時は、サブチャンネルに動画を投稿されていました。

もしなんか合った時のためにも、サブチャンネルも同時に開設おくことをおすすめします。

以前、サブチャンネルのことについて記事を書いたことがあるので、下に貼っておきます。

【悲報!広告剥奪】YouTubeでサブチャンネルは作っておいた方がいいと思ったので、解説します。

ショート動画の活用

最近だとTikTokやYouTube shortsで有名になっている人が多いです。

チャンネル登録者の数が通常の動画しか投稿していない人とショート動画を投稿している人では、全く違います。

その原因がショート動画は「全世界」の人が見ることができるからです。

見る人の母数が違うため、ショート動画の方が圧倒的に再生されやすいということがあります。

さらに、言語を必要としない動画であればなおさら様々な国の人に見られやすいでしょう。

収益化を目指さない

収益化を目指さないという方法も一つの手です。

収益化の基準にとらわれず、動画を投稿して視聴回数や登録者を増やすことを目的としてYouTubeを活用するということで「認知」を広げることができます。

そのために、別の媒体で収益の流れを作っておく必要がありますが、もしそれが可能であれば、YouTubeからの多くの視聴者を誘導することができます。

私自身もメインチャンネルで登録者数を増やすことで、別チャンネルの告知もYouTube内で行うことがしやすくなりました。

YouTubeの広告収益よりも認知を広げて別の媒体に誘導することで、広告費よりもっと稼ぐことができます。

終わりに

ここまで見てくれてありがとうございました。

今回は私現在の状況を説明した上で、今後のYouTubeでどう活動していけばいいかを話していきました。

あくまで今回話した内容はYouTube戦略の一つです。

他にも正攻法のやり方などありますので、参考までに読んで頂ければ幸いです。

また、私の今後のチャンネルの活動については、再度収益化を目指してチャンネルを見直しながら、申請を続けていきたいと思っています。

申請が通ったらまた記事にしていきたいと思います。

RELATED POST