YouTubeの話

YouTuberになるために必要なスキルとは?YouTubeに関わる仕事するためにおすすめの職業。

「YouTuberになりたいけど必要なスキルって何?」

「YouTubeに関わる仕事をしたい」

と今回はそんな疑問にお答えしていきます。

今では『なりたい職業ランキング』でも上位に名前が上がるYouTuber。

YouTuberとは、YouTubeというプラットフォームに自作の動画を投稿し、その動画をみた視聴者の数に応じた広告収益を得て生計を立てている人のことを指します。

好きなことを動画にするだけで他の人よりもお金をもらえるのであれば、誰だって憧れますよね。

ただ、もちろんそんな甘い職業ではありません。

特に今は人気の高い職業でもありますので、競争力が高く、多くの人が挑戦し挫折しています。

今回はチャンネル登録者合計25万人の私が

YouTubeをやっていて特に必要だと思うスキル

に関して解説していきます。

当記事の信頼性

  • チャネンル登録者3万5千人の「つっしーの筆」を運営。
  • 他チャンネル登録者20万人以上のステルスYouTubeチャンネルを運営。
  • 「つっしーのブログ」に月間PV15万以上達成。

YouTubeは誰でも始められる。

「YouTubeは私でもできますか?」

→A、YouTubeは誰でもチャレンジできます

YouTubeを始めるにあたって、特別な資格は必要なりません。

お手元のスマホ1台あれば、誰だって始められる“無料“のコンテンツがYouTubeです。

しかし、がむしゃらにやればいいというものではなく、しっかりとYouTube戦略立てて行うことでよりYouTubeとしての成功確率を上げることができます。

今回はその中でもあった方がいい“スキル“を紹介していきます。

YouTubeの始め方に関しては、下の記事で解説しています。

>>>YouTubeの始め方完全ロードマップ

YouTubeで収益を得る方法。

YouTubeで収益を得る方法で、最も代表で挙げられるのが“広告収益“になります。

企業がYouTubeに広告依頼を出し、クリエイターがYouTubeを通してユーザーに動画を提供することで、ユーザーは広告を視聴し、その広告収益をクリエイターが得ることができます。

しかし、全てのクリエイターが広告収益を得られることができるわけでなく、YouTubeで広告収益を得るためには以下の条件をクリアしなければなりません。

  • チャンネル登録者1,000人以上
  • 直近1年間の総再生時間4,000時間以上
  • コミュニティガイドラインに遵守していること。

です。

このチャンネル登録者1,000人以上というのが難易度が高く、チャンネル登録者1000人以上のチャンネルは全体の15%程と言われています。

また、広告収益以外にもYouTubeを使って収益を得る方法はいくつかあります。

YouTubeで収益を得る方法。

  • 広告収益
  • 企業案件
  • コンテンツ販売
  • super thanks
  • super chat
  • YouTubeアフィリエイト

などです。

運営しているYouTubeチャンネルによりますが、自身ができることで拡張性があればチャレンジしてみてください。

チャンネル登録者何人からYouTuberと呼ばれる?

「YouTuberって何人から名乗れますか?」

YouTuberというのは明確な定義はありません。

極端にいって仕舞えば、動画を投稿したその時から『YouTuber』といっても間違いではありません。

しかし、冒頭で少し触れた『YouTuberとはYouTubeに動画を投稿し、広告収益で生計を立てている』という定義で話すのであれば、チャンネル登録者3万人は必要だと思います。

チャンネル登録者3万人もいれば、生計を立てられるくらいの広告収益を稼げるレベルに達することはできます。

もちろんジャンルや普段投稿している動画次第でもっと少なくてもYouTubeで稼ぐことはできます。

YouTubeのチャンネル登録者数に応じたレベル割合に関しては下の記事を参考にしてみてください。

>>>登録者数でわかるYouTube一番付!あなたのチャンネルはどのレベル?〜全体の割合もわかります〜

YouTubeに必要なスキル

YouTubeはちょっとした工夫や努力でチャンネルを成長させることができます。

どのジャンルをやるかによって、必要スキルや知識は異なりますが、

『YouTuberとして成功するための共通のスキル』

を紹介していきます。

動画編集スキル

YouTubeでは、一定以上の“動画編集スキル“が必要になってきます。

動画編集とは、視聴者が見やすいようにテロップを入れたり、ノイズの削除、BGMの挿入、カット編集などのことを指します。

一定の動画のクオリティがなければ、視聴者が動画を見続けようとは思わず、動画途中離脱やインプレッションのクリック率の低下につながってしまいます。

そのためにも動画編集でより動画のクオリティを上げる必要があります。

動画編集スキルはそこまで身につけるのは難しくなく、初心者であったとしても1ヶ月ぐらいちゃんと勉強すればある程度の動画を作ることができるようになります。

合わせて読みたい記事↓

>>>YouTubeで成功するために、動画クリエイタースクールに通う必要ってあるの?

マーケティングスキル

マーケティングを使って、誰に、何を、どうする(したい)のかを明確にすることで、よりYouTubeでの成功確率を上げることができます。

効率的にターゲット視聴者層を獲得して、方向性のブレをなくすことができます。

また、YouTubeを使っての“あらゆる収益化方法“にも有利に働き、お金をより稼ぐことにも繋がります。

マーケティングがなければ、視聴者を獲得できないといっても過言ではないほどマーケティングは重要です。

マーケティングを使って、YouTubeの再生回数を増やし、マーケティングを使って、YouTubeでの収益を増やすことができます。

>>>【初心者向け】1からマーケティングを学ぶ最高の方法6選。

継続力

個人的にもっともYouTubeで成功するために必要なことは『やめない』ことだと思います。

動画を投稿して1ヶ月で数万人チャンネル登録者が増えた!』なんて人がたまにいますが、これは本当に“稀“な事象です。

YouTubeで結果が出てくるは、半年〜1年くらい後になってくることが多いです。

半年も継続して頑張れない」というのであれば、そもそもYouTubeにチャレンジしない方がいいです。

私の場合もチャンネルを収益させるのに10ヶ月程度かかりました。

どのビジネスにも0→1が難しく、YouTubeでもチャンネル登録者1,000人までが最も難しいのです。

つまり、YouTubeで結果を出したいのであれば、全く報われない期間があるんだと覚悟しなければなりません。

そのためにも“継続力“は最も大切になってきます。

YouTuberになりたい!と思う人におすすめの職業

YouTuberになりたい!」

YouTuberは誰でもなれますが、世間的に認められたり、収入が安定するまで1年〜2年ほどかかる場合が多いです。

その間は収入がほとんどない状況が続いてしまいます。

なので、正直いきなり無職でYouTube専門に挑戦することは、おすすめできません。

YouTubeは副業としてチャレンジすることが最も成功確立と生存確率を上げることができると思います。

ここでは、YouTubeと相性がいい本業を紹介していきます

ITエンジニア

ITエンジニアとは、IT技術者の総称を指す職業です。

プログラムを組んだり、システムの設計をするのが主な仕事になっています。

ITエンジニアの需要な年々増えていて、高収入が狙える仕事です。

さらに、場所を選らずできる仕事でもあり、専門のスキルを身につけることができます。

  • PCに強くなる。
  • 専業のスキルが身につく。
  • 時間単価が高い職業。

情報の発信の仕方次第でYouTubeを副業でやるのに最も向いている職業の一つです。

未経験からITエンジニアに目指せるおすすめの就職・転職サイト。

動画クリエイター・WEBデザイナー

動画クリエイター→「動画制作の関わる人材」

WEBデザイナー→「WEBサイトのデザインを行う人」

初心者からWEBデザイナー・動画クリエイターになりたい人におすすめ!!

学び→就職ができるスクール。

マーケティング職

マーケティング職とは、企業が事業を継続するために企業戦略を考えたりする職業です。

経営目線でビジネスをみる視点が求められます。

具体的には、新しい商品やサービスの開発やプロモーション手法を考えたり、市場調査を踏まえた新規事業の進行を担う職業です。

分野とわずマーケティング職はビジネスを行なっていく上で必要なので、どの企業にもマーケティングを担う人は存在します。

マーケティングのノウハウを学ぶことで、YouTubeにも十分に活かすことができます。

マーケティング職・クリエイター職を目指すなら!!

おすすめの就職・転職サイト

終わりに

今回はYouTuberとして必要なスキルと関連したおすすめの職業を紹介してきました。

ぜひ参考になれば幸いです。

当ブログは、YouTubeを中心としたSNS、ブログ、動画編集に関しての情報を常に発信しています。

もしよかったら他の記事も読んでみてください。

最後まで当記事を読んでくれてありがとうございます。

RELATED POST