YouTubeの話

【損してる?】広告の種類を増やして、YouTubeの広告単価をちょっと上げる方法。

YouTubeの広告単価が低い!

収益を最大化したい!

そんなことを思ったことはありませんか?

今回は「YouTubeの広告の種類をコントロールして、広告単価を少し上げる方法」を紹介していきます。

実は私も最近知った方法で、今まで損していていたことに気づきました。

ショック!

でも、私以外にもこのYouTubeの広告の種類を許可する方法を知らない人が実は多いのではないかと思って、今回の記事を書こうと思います。

ぜひ参考になれば幸いです。

YouTube広告とは?なぜ広告単価に違いが出るのか?

そもそもYouTube広告とはなんなのでしょうか?

YouTube広告とは、YouTube動画の前後もしくは再生中に流れる広告動画や画面右側に表示されるバナー広告など、YouTube上に配信される広告のことになります。

広告の種類は、スキップできるものやアンケートなどさまざまフォーマットがあります。

基本的にYouTubeの1動画あたりの広告単価は、

  • 視聴するユーザー層
  • 1動画あたりに流れる広告の数(動画の長さに比例する)
  • 動画、広告のジャンル
  • 広告がクリックされた数

などによって変わってきます。

例えば、購買能力の少ない子供向けのエンタメ系動画よりも、購買能力の高い大人向けのビジネス系動画の方が広告単価が高くなる仕組みになっています。

どういった広告が流れるのかは、視聴するユーザーによって異なります。

基本的にユーザーの属性に合わせて、YouTube側が最適化してくれています。

そのため、どう言った広告を流すのかはあなた自身はコントロールすることはできませんが、こういった広告は流したくないというブロック設定は行うことができます。

今回はそのブロック設定、ブロックされている広告を許可する方法を紹介していきます。

YouTubeの広告の種類を許可して、広告単価をちょっと上げる方法。

YouTubeに流れる広告の種類をあなた自身がある程度コントロールできるのをご存知でしょうか?

設定により、あなたの競合他社の広告や表示させたくない広告の種類をブロックすることができます。

逆に言えば、初期設定で広告がブロックされているカテゴリを許可することで、今までよりも表示される広告の種類が増えて、収益UPにつながる可能性があります。

広告枠はオークション形式で決まっています。

そのため、あなたの広告枠を希望する広告数が多ければ多いほど、広告単価が上がる可能性があります。

つまり、広告単価を最大化させるためには、すべての広告の種類を許可するのが望ましいことになります。

(※特定の広告を選択して表示させることはできません)

[ad]

YouTubeの広告を確認、設定する方法。

YouTubeの広告の設定方法は以下の方法で簡単に行うことができます。

Step1、グーグルアドセンスにログインする。

今回紹介する方法は、YouTube studioではなく、Google AdSenseから設定する方法になります。

2022年4月(私の場合)にGoogle AdSense(ブログ用)とYouTube AdSenseは別々に確認できるようになりました。

今回そのYouTube向け AdSenseからの設定になります。

ログインURLやログイン方法は以下のリンク(公式のGoogle AdSenseヘルプセンター)から確認できます。

https://support.google.com/adsense/answer/10190?hl=ja

Step2、YouTube向けAdSenseをクリック

Google AdSenseに無事にログインできたら、左上の『YouTube向け AdSense』をクリックします。

YouTube向け AdSenseでは、今月あなたに振り込まれるYouTube広告の合計が表示されていると思います。

ちなみにAdSenseの残高は月に一度更新されます。

もし、こまめに毎月の収入額を確認したい場合、YouTube studioで確認してください。

Step3、ブロックのコントロールに移動

『望ましくない広告をブロックする』→『ブロックのコントロールに移動』という項目をクリックすると上記の画面に移動します。

[ad]

①デリケートなカテゴリ

今回のキモがここになります。

この項目は表示させたくない項目をブロックすることで、その種類の広告が流れないようにすることができます。

しかし、広告収益を最大化を図りたい場合は、全て許可することをおすすめします

通常の場合、初期設定では制限付きのカテゴリである『アルコール』と『ギャンブル』はブロック済みにされていることが多くなっています。

私の場合もブロックされていたので、許可済みに変更しておきました。

ちなみに、許可したからと言っても、全ての視聴者にその種類の広告が必ず流れるわけでありません。

②一般カテゴリ

次に一般カテゴリのブロックです。

デリケートなカテゴリと同様に、表示させたくない広告の種類をブロックすることができます。

表示させたい場合は[許可済み]に、ブロックしたい場合は[ブロック済み]に変更します。

また、一般のカテゴリにはサブカテゴリがあり、その種類の中でも細分化してブロックすることができます。

例えば、[アート、エンターテイメント]のメインのカテゴリをクリックすると、[イベント業],[クイズ]など様々なサブカテゴリを選択することができます。

ただ、一般のカテゴリは特別な理由がない限り、全て許可しておくことをおすすめします。

一般のカテゴリをブロックすることで、収益が大きく減少する可能性があります。

[ad]

終わりに

以下がだったでしょうか?

今回はYouTubeの広告をコントロールする方法を紹介していきました。

広告はオークション制のため、許可する広告の種類を増やすことで、競う相手の数を増やすことで収益UPにつなげる可能性があります。

また、広告の種類を増やすことで、幅広い視聴者のニーズに合った広告を表示させられる可能性もあるということです。

そのため、収益のUPのためには、可能な限り広告をブロックしないことが望ましいですね。

もちろん、チャンネルのジャンルに望ましくないと思う広告のカテゴリはブロックするべきだとは思います。

あなたのチャンネルに合わせてあなたのYouTube動画に表示される広告をコントロールしていきましょう!

ちなみに、今回ご紹介した設定方法は24時間以内にあなたのYouTube動画に反映されます。

最後までこの記事を読んでくれてありがとうございます。

当ブログはYouTube、ブログ、イラストに関しての情報を常に発信しております。

もしよかったら他の記事もご覧ください。

また、趣味でお絵描きYouTuberやっているでよかったらチャンネル登録お願いします。

今回の記事が参考になれば幸いです。

https://youtube.com/c/tsushinofude-WhiteboardArt

RELATED POST