YouTubeの話

【こんなに】YouTubeの登録者数に応じた“収入の目安“まとめ

「YouTubeの登録者数が何人いれば、生活していけるの?」

「登録者数が1万人でどれくらいお金がもらえるの?」

なんて疑問に思ったことはありませんか?

YouTuberの人も、YouTuberじゃない人も『YouTubeでチャンネル登録者がどれくらいいれば、どれくらい稼げるのか?」は気になるところだと思います。収入はとても重要なことです。

当記事は「YouTubeで生きていく」もしくは「副業でYouTubeを始める」にあたって、“目安“となる『チャネンル登録者数と収入』をまとめました。

当記事を見ることで

  • 各チャンネル登録者数ごとの収入はどれくらい?
  • 自分がどれくらい登録者数を目指せばいいのか?
  • 各チャンネル登録数ごとに何をやればいいのか?

などがわかります。

※YouTubeはチャンネル登録者数が多ければ多いほど、さまざまなマネタイズ方法(スパチャ、ファンクラブ等)が生まれますが、今回は“広告収益“に絞った記事になります

この記事は、以前書いた「YouTubeのチャンネル登録者数に応じた全体の割合」を参考に、もっと噛み砕いた収入バージョンのまとめ記事になります。

よりシンプルかつわかりやすく完全にリライトして書いた記事です。グラフ用いてもっと詳しく知りたいという方は下の記事も見てください。

YouTubeにおけるチャンネル登録者の全体と割合」という記事です。

下の記事を見ることでチャンネル登録者数ごとの“ランク“を確認することができます。

はじめに

YouTubeにおける広告収益は、チャンネル登録者数ではなく、再生回数、チャンネルのジャンルによって決まります。

さらに、昔バズっていてチャンネル登録者数は多いが、再生回数が回らず、収益が低いチャンネルも多く存在します。

また、エンタメ系のジャンルかビジネス系のジャンルかなどによっても大きく広告単価が変わります。

正直、直接的に関係しない登録者数で正確にチャンネルの収益を予想するのは正直無理ゲーです。

ただ、もちろんチャンネル登録者数が多いということは、そのチャンネルのファンが多いということですので、大まかにはチャンネル登録者数が多ければ、収益も多いというのは間違いではありません。

今回は、私が実際に得たチャンネル収益と全体のデータを用いた“個人の収益予想“になります。

なので、完全に鵜呑みにするわけでなく、あくまで“参考“までに自分のチャンネルと照らし合わせて頂ければ幸いです。

チャンネル登録者500人の収益=推定月収0円

YouTubeの収益化の条件の一つで、「チャンネル登録者1000人以上というものがあります。

そのため、1000人以下のチャンネルには広告を付けることができないため収益は0円になります。

YouTubeでチャンネル登録者が1000人を目指している人は下の記事を参考にして見てください。

まとめ:1000人以下のチャネンルは全体の85%!

目安広告収益:0円!!

チャネンル登録者を1000人を超えるためにやってきた私の経験をもとにまとめた記事がこちらになります。↓

チャンネル登録者1000人の収益=推定月収0円〜数千円

おめでとうございます。

チャンネル登録者が1000人を超えると全体の上位15〜20%に入るYouTuberということです。

チャンネル登録者が1000人いることは、一つのYPP(YouTube Partner Program)の条件をクリアしていることになります。

そのほかにも『総再生時間4000時間』という条件をクリアして、動画に広告をつけることができます。

動画に広告をつけられるということは、今までのYouTube活動が報われる初めの瞬間だと思います。

今まで投稿していた動画にも広告をつけることができるため、一気に数千円ほど稼ぐことができるでしょう!

収益化が出ているのかどうかはチャンネルによる為、推定月収は0円〜数千円になります。

YouTubeの収益化」というのは、とても大きな壁になります。

収益化に関する記事は下の記事を参考にしてみてください。

まとめ:全体の割合の上位15%!

目安広告収益:0円〜数千円以上!!

※YouTubeでは、収入が振り込まれるのは、8,000円以上からになります。そのため、8,000未満だった収益に関しては翌月に加算されます。

チャンネル登録者3000人の収益=推定月収5千円〜3万円

私が登録者3000人の時の収入は約3万円程度でした。

広告単価が1再生0,3円程度で再生回数が月10万回再生あれば、それくらいの収益になります。

私の感覚として、登録者が1000人を超えた頃から、チャンネル登録者数の伸びが上がるので、1000人を超えることができれば、3000人までは案外簡単に達成できるような感覚でした。

ただ、3000人を超えた頃から動画が伸び悩む時期でもあります。

これまで投稿してきた動画のアナリティクスのデータを分析し、改善をしていきましょう。

ここから伸びるチャンネルと伸びないチャンネルは分かれると言ってもいいでしょう。

今だとショート動画がおすすめなので、「ショート動画」に関する記事を下に貼っておきます。

まとめ:全体の上位15%〜5%

目安広告収益:1万円〜数万円

チャンネル登録者5000人の収益=推定月収1万円〜5万円

チャンネル登録者5000人以上のチャンネルは、全体の上位5%以上のチャンネルということになります。

ここまで辿り着くことができれば、YouTubeで成功できる可能性が極めて高いと言えます。

お給料以外に数万円も稼げるのは、とても凄いことだと思います、

YouTubeのチャンネル登録者が5000人もいれば、自分の影響力もかなりついてきて、他のビジネスにも十分に活かすことができます。

広告収益は数万円ぐらいだと思いますが、それ以上にYouTubeとしての資産を作り上げてきていると言えます。

YouTubeのマネタイズ方法に興味のある方は下の記事を参考にしてみてください。

まとめ:全体の上位5%!

目安広告収益:数万円以上

チャンネル登録者1万人の収益=推定月収3万円〜10万円

チャンネル登録者1万人以上のチャンネルは、全体の上位3%以上のチャンネルということになります。

ちなみに私のチャネンル登録者数が現在2万人ですが、月の収益は5万〜8万程度になります。

私はショート動画を中心に投稿しているので、通常のチャンネルで2万人もいれば、月10万〜15万円程度は広告収益として入ると思います。

ただ、1万人のチャンネルだとしても、YouTubeは再生されなければ、広告収益を稼ぐことができません。

私がチャンネル登録者1万人だった時の広告収益を詳しく公開している記事がありますので、よかったら参考にしてみてください。

まとめ:全体の上位3%!

目安広告収益:数万円〜十数万円以上

チャンネル登録者3万人の収益=推定月収10万円〜30万円

おめでとうございます。

チャンネル登録者数が3万人を超えれば、YouTubeを専業として食べていくことができるレベルになります。

推定収益も10万〜30万円程度で、人1人が十分に生活していけるぐらいは稼ぐことができるでしょう。

YouTubeで専業として暮らして行く場合のモデル

〜月の生活費が20万円〜

  • チャンネル登録者3万人以上
  • 毎月の合計再生回数は70万回以上(広告単価0,3円)=月21万

これだけあれば最低限の生活していくことができるのでしょうか?

YouTubeは資産性もある分野ですので、努力すればするほどYouTuberとしての道が開かれていきます。

まとめ:全体の上位3%!

目安広告収益:10万円〜40万円

チャンネル登録者5万人の収益=推定月収30万円〜50万円

チャンネル登録者5万人以上のチャンネルは、全体の上位1%以上のチャンネルということになります。

どんなジャンルでも上位1%というのは、その分野での「成功者」だと言えます。

月の収入も30万〜50万と安定していきます。

5万人にも登録者がいれば、基本的にどんなチャンネルでも生活費ぐらいは稼げると思います。

YouTubeの広告収益は不安定な為、YouTuberとして生きていくのであれば、個人的にはチャンネル登録者は5万人は欲しい所です。

まとめ:全体の上位1%!

目安広告収益:20万円〜60万円。

チャンネル登録者10万人の収益=推定月収50万円〜100万円

チャンネル登録者10万人以上のチャンネルは、全体の上位0,4%以上のチャンネルということになります。

チャンネル登録者が10万人を超えることがでいれば、十分YouTuberとして『上級者』でしょう。

YouTubeの運営から銀の盾がもらえるレベルです。

認知度も上がり、その影響力を使い広告収益以外のもYouTubeをビジネスとして活かすことができます。

まとめ:全体の上位0,4%!

目安広告収益数十万円〜100万円以上

チャンネル登録者50万人の収益=推定月収数百万円

チャンネル登録者50万人以上のチャンネルは、全体の上位0,05%以上のチャンネルということになります。

正直収入に関しても「チャンネルによる」とし言えないため、ここからさらに推定月収を出すのは難しくなります。

ただ、チャンネル登録者10万人で月100万円を稼ぐYouTuberもいるくらいですから、推定月収として200万、300万円の収入があったとしてもおかしくありません。

まとめ:全体の上位0,05%!

目安広告収益:50万〜数百万円

チャンネル登録者100万人の収益=推定月収数百万〜数千万

チャンネル登録者100万人以上のチャンネルは、全体の上位0,02%以上のチャンネルということになります。

一般的にチャンネル登録者100万人もいれば、世間では「大物YouTuber」と呼ばれます。

有名の芸能人でさえ、チャンネル登録者100万人をいくことが難しく、まさしく神の領域といえます。

月収の幅も広く、1000万円を広告費で稼ぐこともできます。

ただ、100万人のYouTuberは日本全体でも数えるほどしかいないので、選ばれた一握りの人が到達することができる領域です。

まとめ:全体の上位0,02%!

目安広告収益:数百万円〜一千万以上。

終わりに

今回はYouTubeの広告収益とチャンネル登録者についてまとめてみました。

個人的な意見も含まれている記事になっていますが、参考になれば幸いです。

当ブログは主にYouTube、ブログ、イラストに関して役立つ情報を発信しています。

不定期更新ですが、今は頑張って1日1本更新しています。

ぜひ他の記事も見てみてください。

また、趣味で『お絵描きYouTuber』としても活動しています。

現在チャンネル登録者数が1万9千人いて、もう少しで2万人です。

よかったら遊びにきてください。

最後までこの記事を読んでくれてありがとうございます。

参考になれば嬉しいです。

https://youtube.com/c/tsushinofude-WhiteboardArt

RELATED POST