YouTubeの話

【これだけ?】登録者10万人のYouTuberの収入。 

夢の職業YouTuber。

すでに世間的な認知度が上がり、小中高生の憧れの職業に常にランクインしています。

また、YouTubeを使ってお金を本業、副業関わらず稼いでいる人も珍しくありません。

YouTubeはビジネスモデル的にも優れていて、一度投稿した動画はずっとプラットフォームに残り、半永久的に広告費を稼ぐことができます。

YouTubeはいわゆるストック型ビジネスと言われるものです。

ただ、そう甘い世界でもなく、何人の人が挑戦して挫折している世界でもあります。

挫折する理由はいくつもありますが、その中の一つが「初めはお金になるまで時間がかかる」ということだと思います。

YouTubeに挑戦しはじめの頃は、実際に儲かるのかも不安になってきます。

しかし、それを踏まえてもYouTubeで成功した時の見返りが大きいから頑張ることができるのではないでしょうか?

ただ、やり方を間違えれば、私のようにチャンネル登録者が10万人以上いたとしても、全くYouTubeで稼げない可能性もあります。

私は現在、YouTubeに「海外向けに描いてみた系」の動画を投稿しています

現在はありがたいことに登録者が10万人を超えることができましたのですが、先に述べた通り、全く広告収益を稼ぐことができていません。

今回はざっくりではありますが、私のYouTube側からもらっている月の収入を公開していきたいと思います。

この記事は

  • YouTubeに挑戦したい人
  • 純粋にユーチューバーがいくら儲かっているか知りたい人
  • 海外向けのYouTubeは儲かるのか知りたい人

に向けての記事になっています。

チャンネルの広告収益について

実際に3月の私の総再生回数↑↑(3月の1ヶ月合計総再生回数)

YouTubeの広告収益は扱うジャンルと再生回数によって全く違います。

登録者が100万のチャンネルだろうが、再生回数が少なければ全く収益を得られませんし、いくら再生回数が多くても、子供向けのチャンネルや逆に大人向けなチャンネルだとそもそも収益化できません。

また、ビジネス系の動画だとが広告単価が高いと言われており、動画の内容によっても広告単価が変わってきます。

つまり、あくまでチャンネル登録者数は“目安“だということです。

もちろんチャンネル登録者数と再生回数はある程度の関係性はあるとは思っています。

チャンネル登録者数=そのチャンネルのファンということになりますし、チャンネル登録が多ければ多いほど、投稿時におすすめに表示される回数が多くなります。

登録者数が多ければ多いほど、それだけの”広告収益“を得ていると考えても全くの間違いではないでしょう。

基本的にチャンネル登録者1人につき、月の収入が10円くらいになると言われています。

え!ではチャンネル登録者が10万人いれば、月の収入は100万円?

と思われる方も多いと思います。

実際にそれだけもらっているチャンネルもあると思います。

しかし、私のチャンネルは“いくつかの理由“でメチャクチャ広告単価が低くなっています。


私のチャンネルについて

私は現在「nishi_sensei」というチャンネル登録者16万のチャンネルを運営しています。

ちなみにチャンネル登録者数10万人以上のチャンネルは上位0,4%しかいない超上位層になります。

これだけ上位であれば、収入もたくさん貰いたいところではありますが、そういうわけにいかないわけです。

再生回数が回っていないわけではありません。

私のチャンネルの広告単価が低い理由は以下の通りです。

  • 海外向けのチャンネルの為
  • ジャンルが大人向け
  • 一本一本動画が短い

などです。

これはもともと私が「YouTubeを海外向けにする」と戦略を立てて行ってきたので、当たり前ではあります。

私のチャンネルでは日本人視聴者は約5%しかおらず、一番多い視聴者の地域は『インド』になります。

ただ、想像つくようにそれらの地域は広告単価は日本の5分の1程度しかありません。(私のデータから見て)

また、私のYouTubeのジャンルもYouTubeに受け入れなられない大人向けですので、広告単価が低くなっています。

また、海外視聴者を取り入れるためには、“長めの動画“だと難しい部分があります。

私の戦略をもっと詳しく知りたい人は下の記事を参考にしてみてください。

私の海外向けの YouTubeチャンネル↓↓

>>>https://www.youtube.com/c/nishisensei?utm_source=EJGixIgBCJiu2KjB4oSJEQ

登録者10万人の広告収益は〇〇万円(私の場合)

それで結局、お前はいくらもらってんねん?

という声が聞こえてきそうなので、発表します。

私の3月の広告収益は

大体15万円

でした。

チャンネル登録者10万人越えにしてはメチャクチャ少ないです。

一人暮らしだとしたら、ギリギリ生活していけるかな?というレベルです。

ちなみに3月の総再生回数は

5,450,000です。

例えば、もしこれで私の広告単価が0,1だとしたら、54万円ほどの収益になっていたはずです笑

つまり、私の動画の広告単価は約0,03円くらいですね。

まとめ

チャンネル登録者10万人の YouTubeチャンネル『nishi_sensei』

3月の収入=約15万円

3月の総再生回数=5,450,000

1本あたりの動画の長さ=2分〜3分位

視聴されている国=インドやインドネシア

推定平均広告単価

3月の収益

他のチャンネルは100万前後らしい

純粋にチャンネル登録者が10万いれば、月の収益も100万円を超えてきます。

それだけチャンネル登録者数が多いと、一本の動画の再生回数も10万回再生ぐらい超えるようになります。

ただ、広告単価で大切なのは、ジャンルと動画の長さになります。

私のYouTubeの評価を上げるためにこれから頑張っていきたいと思います。

今回は「YouTubeのチャンネル登録者10万人の収益」ということをテーマに記事を書きましたが、他のチャンネル登録者数に対しての収益を知りたい人YouTube全体の割合を知りたい人は下の記事を参考にしてみてください。

収益が高い国について

今では世界的にもYouTubeのアクティブユーザーが増え続けています。

特にインドでは毎年10%の以上の増加が見られていて、今後も増加する傾向があるとのことです。

世界のユーザー数は以下の通りです。

  1. インドのユーザー数 2億2500万
  2. アメリカのユーザー数 1億9700万
  3. ブラジルのユーザー数 8300万
  4. 日本のユーザー数 6000万
  5. ロシアのユーザー数 5800万
  6. イギリスのユーザー数 5000万
  7. タイのユーザー数 2700万

私自身のチャンネルも海外向けに行っているため、こういったデータは無視することができません。

ただ、人口が多い国に向けて動画を投稿すればいいというわけではなく、各国それぞれ広告単価が全く違います。

例えば、日本とインドでは広告単価に5倍もの差ががります。(日本のCPM¥350、インドのCPM¥71)

これは私が実際に投稿して、YouTubeのアナリティクスから得たデータになります。

もっと詳しくまとめたデータが下の記事になります。

各国の広告単価について知りたい方は下の記事を参考にしてみてください。

チャンネル登録者を増やすためには

YouTubeのチャンネル登録者数は動画を投稿していけば『必ず増えていきます

ただ、がむしゃらに投稿していけばいいかというとそうではありません。

動画内容はもちろん、サムネ、概要欄、タイトルなど複合的に大切なことがあります。

それだけなく、戦略の部分で

「どういった動画を投稿していけばいいのか?」

「どのくらいの頻度で、どれくらいの動画の長さが適切なのか?」

など、YouTube戦略はしっかり練って動画を投稿していくことが大切になってきます。

以前YouTubeについて、まとめた記事が2つありますので、気になる方は下の記事を参考にして見てください。

YouTube shortsを使ってチャンネルを成長させる

YouTube shortsは今では1日300億回以上再生されているコンテンツです。

ショート動画で1日で2000人登録者が増えた

ショート動画で再生回数が爆発的に伸びた

なんていう人はとても多いです。

私自身もショート動画を活用して、登録者を3000人から3万人まで増やしたチャンネルもあります。

しかし、ただショート動画を投稿すればいいというのではなく、動画のテンポや時間、どういった動画が伸びるのかについてはいくつかコツがあります。

実際に私がショート動画を伸ばした経験をもとにまとめた記事です。

ショート動画について知りたい人におすすめです。

YouTubeを使って広告収益以外で稼ぐ方法

チャンネル登録者10万人もいかなくても、月100万以上稼いでいるYouTuberは多く存在します。

もちろん広告単価の高いジャンルを取り扱うことで、広告収益で稼いでいるクリエイターもいれば、自社のサービスを紹介したり、企業案件で稼いでいるクリエイターもいます。

YouTubeを使って広告収益以外で稼ぐ方法例

  • 企業案件
  • スーパーチャット
  • YouTubeアフィリエイト
  • 自社のサービスにつなげる 
  • スーパーサンクス
  • ショートファンド

などです。

これらはそれぞれこの当ブログで詳しく説明しています。

興味のある人は他のブログも読んでみてください。

合わせて読みたい記事

終わりに

YouTubeはオワコン」と結構前に言われていますが、もうすでに10年以上続いているサービスでもあります。

今でもYouTubeの視聴が日本でも世界的にも増え続けています。

つまり、何が言いたいかというと、「まだまだYouTubeの波は終わらない」ということです。

当ブログは、YouTubeや他のSNSに関して情報をほぼ毎日発信しています。

もしよかったら他の記事も覗いてみてください。

一緒に頑張っていきましょう。

最後まで見てくれてありがとうございます。

この記事が参考になれば幸いです。

RELATED POST