MENU
YouTubeの話

チャンネル登録者10万人の収入はいくら?YouTubeの登録者と収入の目安。

チャンネル登録者10万人の収入っていくらなんだろう?

今では小中高生に人気な職業というだけでなく、会社員の副業としても注目を集めているYouTube。

YouTubeというプラットフォームに動画を投稿することで、何万、何十万と稼げるなんて夢みたいですね。

1ヶ月に100万円なんてあれば、何不自由なく暮らしていける気がします。

けど、YouTubeで月100万円なんて稼ぐには、どれくらいのチャンネル登録者と再生回数が必要なのでしょうか?

以前、どこかでチャンネル登録者1人につき、月収が10円くらいだと聞いたことがあります。

つまり、チャンネル登録者1人につき月収が100万円くらいなのでしょうか?

今回は私のYouTubeチャンネルをもとに、具体的に10万人のYouTuberの収益を推定していきたいと思います。

今回の記事を見ることで

  • YouTubeのチャンネル登録者10万人の推定収入がわかる。
  • YouTubeの対するモチベーションが上がる。
  • 10万人のチャンネル登録者を獲得するまでに私が実際に行ったこと。

がわかります。

ぜひ参考になれば幸いです。

今回の記事は私が実際に行ってきたYouTubeデータを中心に話をしていきます。あくまで“参考“として聞いていただけると幸いです。

チャンネル登録者10万人の全体の割合。

そもそもチャンネル登録者10万って結構ハードルが高そうですよね。

一体どれくらいの難易度があるのでしょうか?

参考として、私が以前書いた記事がこちらになります。

大体チャンネル登録者10万人以上というは、全体の上位0,4%くらいになります。

なんと1%を切っているのですね。

しかも、今ではYouTubeに挑戦する人が増えていますので、昔よりチャンネル登録者を増やすのが大変になっています。

チャンネル登録者=高収入とは限らない。

私は現在複数のチャンネルを運営していますが、その中で一番多いチャンネルで登録者数18万人のチャンネルがあります。

「え!それって結構すごいんじゃない」

と思ってくださる方もいるかもしれませんが、私のこのチャンネルの収益性は鬼ほど低いです。

このチャンネルの広告収益が低い理由は

  • 18禁に近い動画が多い。
  • 全ての動画が短い。
  • 海外向けのチャンネルの為。

と以上の理由で、収益が今では本当に少ないです。

ただ、曲がりなりにもチャンネル登録者が10万人以上ですので、のちに私のチャンネルの収益のピークと現在の平均を発表していきたいと思います。

https://youtube.com/c/nishisensei

今回はチャンネル登録者10万の収益を参考にしていますが、結論広告収益に最も関係するのは再生回数です。

基本的に1再生につき0,1〜0,8円と言われています。

チャンネル登録者10万以上となれば、月の総再生回数は100万前後ぐらいです。

そうなると10万円〜80万円くらいでしょうか?

感覚的には登録者1人=3円〜5円くらい?

では一体に何がYouTubeの広告収益を左右するのでしょうか?

基本的には以下の要素が収益と密接に関係しています。

  • 動画のジャンル
  • 動画の長さ
  • 国別

簡単に言えば、YouTubeの広告収益は、その広告を誰が何回見るかによって変わります。

購買能力の低い子供より、働き盛りの20代〜40代の会社員の方が広告単価が高くなります。

また、1動画に一回しか広告が流れない動画よりも、複数回広告が流れる動画の方が広告収益が良くなります。

そのような理由でYouTubeでただ単にチャンネル登録者だけでは、収益が決まらないことが多いです。

しかし、例えば収益性が低いと呼ばれている“エンタメ“系の動画でも、チャンネル登録者10万以上いれば月の収益はかなり高くなるのは間違いありません。

実際にYouTubeに取り組んできた私の感覚からすれば、

エンタメ系のチャンネルでは1チャンネル登録者につき月の収益が3円〜5円程度だと感じています。(個人の意見です)

つまり、チャンネル登録者10万人=30万〜50万くらいなのではないでしょうか?

ただ、これはあくまで『広告収益』の話になります。

YouTuberによっては

  • YouTubeで宣伝して自分のコンテンツを販売
  • 企業案件
  • スパチャ
  • スーパーサンクス

など、いくつかのビジネスを紐づけることで、月収はさらに跳ね上がり、月100万円以上狙える可能性は全然あります。

私の実際の10万人の時の収益。ピークと平均。

先ほど私のチャンネルの収益はとても低いという話をしていきましたが、収益には波があります。

私がチャンネル登録者10万人を達成した時が一番の収益のピークだったので、ざっくりではありますが、それを公開していきます。

ピークは月70万、今現在平均10〜15万くらい。

私のチャンネルは現在月400万回再生くらい回っています。

それでいて収益が10万〜15万程度ですので、いかに広告単価が低いのかがわかると思います。

1再生=0,005円くらい?

チャンネル登録者が10万以上あったとしても、ジャンルや内容によってはチャンネルによって全く収益性が変わってきます。

もし私のチャンネルがビジネス系チャンネル(投資など)のチャンネルであれば、月100万以上は広告収入で得られる可能性があります。

私がチャンネル登録者10万人を達成するまでに行ったこと。

収益が低いとは言っても、曲がりなりにもチャンネル登録者10万人以上のチャンネルです。

一応参考までに私がチャンネル登録者10万人以上のチャンネルにどうやって育てたかを解説しています。

私自身2つの要素があると思っています。

①海外視聴者に目を向けた事。

正直これが個人的に一番大きかったと思います。

上記の画像からもわかる通り、現在日本のYouTubeアクティブ人口は世界でたった4,6%しかいません。

どうにか残りの96,4%のユーザーにリーチできれば圧倒的にチャンネル登録者を増やせるのではないかと、

『顔出し』『声だし』をせずにとりあえず誰でも見れる動画を作ろうと思ったのがきっかけでした。
結果いくつかの施策がうまくいき、現在チャンネル登録者10万を超えることができました。

もっと具体的に海外YouTube攻略を知りたいという方は、

このブログの他の記事でも「海外YouTube戦略」というテーマでいくつも記事を書いています。

または、以前noteで「海外視聴者を取り入れるための戦略」という内容でまとめた有料記事を書いたので、そっちを確認するのもいいかもしれません。(7割以上無料公開しています。)

https://note.com/tsusshi_24/n/n19b5046fe4f4

②ショート動画の活用。

現在、動画業界全体に「ショート動画」の波が来ています。

YouTubeのショート動画は、1日に平均300億回以上も再生されています。

一定の業界で成功するには、流行っているものや流れがきていることを考えて行動していかなければいけないと思います。

その上で、ショート動画を利用することで国内外問わず多くのユーザーにリーチできる可能性があります。

ショート動画のやり方については下の記事を読んでみてください。

もしくは、以前noteで「ショート動画を増やす方法。」という内容で有料記事を書いたことがあるので、そっちも確認するのもいいかもしれません。(7割以上無料公開しています。)

『YouTubeの登録者爆増』ショート動画の使い方や作り方を完全解説。

https://note.com/tsusshi_24/n/n9e48cf847c40

終わりに。

今回は実際に私のチャネンルをもとに「チャンネル登録者10万人の収益」を推測してきました。

繰り返しになりますが、チャンネル登録者では収益が完全には測れず、そのチャンネルのジャンルと内容によって全く違います。

またマネタイズが上手な人は、少ないチャンネル登録者でも大きな収益を得られる可能性があります。

YouTubeは様々な使い方ができる可能性を秘めたプラットフォームです。

最近だとYouTube shortsが追加されたりと、まだまだYouTubeは進化しています。

私のブログは、実際に私がやってきたことメインに、YouTubeの最新情報や攻略方法を解説しています。

もしよかったら他の記事も読んでみてください。

最後までこの記事を読んでくださりありがとうございます。

ぜひ参考になれば幸いです。

RELATED POST