YouTubeの話

【上位0,02%】チャンネル登録者100万人のYouTubeの収入ってどれくらい?

好きなことで生きていく」キャッチフレーズで有名のYouTuberという職業

今では小中高生の将来なりたい職業の上位に常にランクインしています。

また、副業としても注目度が高く、誰でも動画をYouTube上に投稿するだけで、大きな収入を得られる可能性があります。

その中でもチャンネル登録者100万人なんか達成してしまっては、本当に好きなことだけして、お金に不自由なく生きていける気がします。

登録者数100万人というのは全YouTuberの目標であり、全体のYouTuberの割合では100万人を超えるチャンネルは、全体の上位0,02%くらいと言われています。

この割合を見るだけでも本当に一握りのインフルエンサーしか辿り着けない領域なんですね。

そんな100万のチャンネル登録者数のもつYouTuberの収入ってどれくらいなのでしょうか?

誰でも一度は気になったとこはあるはずです。

そこで今回はチャンネル登録者100万人がどれくらいの収入があるのかをデータを交えて見ていきましょう。

ただ、YouTubeの広告収益は、チャンネル登録者ではなく、全体の再生回数やそのチャンネルのジャンルによって変わってきます。

さらに言えば、100万のフォロワーがいれば、広告収益以外にも自社のブランドを作ったり、ライブをやったりと多くの収入源をYouTubeを使って確保することもできます。

そんなことを言ってはキリがないので、今回はあくまでチャンネル登録者100万人の広告収益の目安をあらゆる角度から推測していきたいと思います。

今回の記事は

  • チャネンル登録者100万人の収入がどれくらいなのか知りたい人。
  • YouTubeを挑戦するのモチベーションを上げたい人。

におすすめの記事になっています。

トップYouTuberの推定年収がやばい。

今回のチャンネル登録者100万人のYouTuberの収益を調べるにあたって、まずは現在トップ層がどれくらいYouTubeで収益を得ているのかを見ていきたいと思います。

2019年度のチャンネル再生数ランキング

  • 1位→東海オンエア:総再生回数9億7939万回、推定年収2億9381万円
  • 2位→タキ:総再生回数9億7324万回、推定年収2億9197万円
  • 3位→Fischer’s:総再生回数8億2812万回、推定年収2億4843万円
  • 4位→キッズライン:総再生回数8億0737万回、推定年収2億4221万円
  • 5位→まいぜんシスターズ:総再生回数7億5561万回、推定年収2億2668万円
  • 6位→はじめしゃちょー:総再生回数5億1893万回、推定年収1億5567万円
  • 7位→HIKAKIN :総再生回数5億1667万回、推定年収1億5000万円
  • 8位→ボンボンTV:総再生回数、4億9442万回、推定年収1億4832万円
  • 9位→水たまりボンド:総再生回数4億7126万回、推定年収1億4137万円
  • 10位→はじめしゃちょーの畑:総再生回数4億4712万回、推定年収1億3413万円

再生回数は以下の記事を参考し、1再生数あたり0,3円で計算しています。

参考記事:インフルエンサーパワーランキング2019 by BitStar【総括】| 国民的アイドルグループ「ARASHI」のチャンネル登録者数が第1位に

日本のトップYouTuberともなると年収が億を超えてきて、とても夢がありますね。

再生数と広告収益。

繰り返しになりますが、YouTuberの月の広告収益はチャンネル登録者ではなく、月の再生回数によって変わってきます。

もちろんチャンネル登録者をされるとよりそのチャンネル登録をしたユーザーのおすすめに出てきやすくなるわけですから、ある程度チャンネル登録者と再生回数には関係性はあると考えられています。

全体のトップのYouTuberとなると、年収が億を超えるのは間違いありません。

月収で考えると月に数千万くらいの収入があると考えるのが妥当でしょう。

その上で、100万人を超えるあたりのYouTuberの収入はどれくらいなのでしょうか?

以前広告単価の平均は1再生=0,1円と言われることがありましたが、そんなことはないようです。

現在では1再生=0,3〜0,8くらいだと言われています。

YouTubeの広告単価は、チャンネルのジャンル、動画の長さなどによって変わってきます。

例えば、

  • エンタメ系のチャンネルで動画の長さが平均5分くらいであれば、1再生=0,2〜0,4くらい(目安)
  • ビジネス系のチャンネルで動画の長さが平均10分くらいであれば、1再生=0,7~0,8くらい(目安)

参考までに私自身もチャンネル登録者3万6千人のYouTubeチャンネルを運営していますが、広告単価は大体0,2円〜0,3円くらいです。(1本あたりの再生時間は3分くらい)

チャンネル登録者と収入の目安。

チャンネル登録者1人につき大体どれくらいの月の収入が上がるのか?については諸説あります。

よく言われていることをまとめると、

収益の高いのチャンネルだと『1登録者数あたり=月の月収が十円上がる』(ビジネス系YouTuberの発言)

収益が普通ののチャンネルだと『登録者数の数×3倍=そのチャンネルの月収』(エンタメ系YouTuberの発言)

両方ともチャネンル登録者100万人を超えるYouTuberの発言が元です。

どういった動画をUPするかによって、YouTubeの収入は変わってくるようです。

これらを踏まえると、チャンネル登録者100万人前後の月収は

月の広告収益は大体『300万円〜1000万円

くらいだと推測できます。

ただ、チャネンル登録者数で収益を予想すると、今“現在勢いがあるチャンネル“と“昔は人気だったけど今はそうではないチャンネル“にとても差ができますので、あくまで“参考“に聞いて頂けると助かります。

チャネンル登録者数ごとのYouTuberの収入の目安。

今回は『チャンネル登録者100万の推定収入』を中心に見ていきました。

その他のチャンネル登録者数ごとの収入の目安も知りたい

全体のYouTuberの割合がどれくらいなのか知りたい

などと思った人は私が以前書いた下の記事を参考にしてみてください。

YouTubeを始めよう!

今ではYouTubeは誰でも始められるプラットフォームになりました。

本業、副業合わせて色んな人が挑戦しています。

チャンネル登録者100万人までいかなくても、収益化できただけでも十分にすごいことで、あなたの収入の柱になる可能性があります。

また、YouTubeにはお金以外にも様々なメリットがあります。

  • 趣味を仕事にできる。
  • 色んな人と繋がれる可能性がある。
  • 動画スキルが身につく。
  • 自由な時にできる。
  • ストックビジネスなので、あなたが働いていない時間もお金になる。

などなどです。

世界ではYouTube市場はどんどん広がっています。

日本においても、TVからネットメディアへと移り変わってきています。

まだまだYouTubeにおいても可能性は無限大です。

ぜひ一緒に頑張っていきたいものです。

「YouTubeを始めたい!」「やってみたい」と思った方は以前私が書いた下の記事を読むことをお勧めします。

終わりに。

今回は夢の100万人YouTuberの収入を考えてきました。

月に100万円以上の収入があれば、なんでもできそうですね。

私自身まだまだですが、趣味でお絵描きYouTuberとして活動しています。

もしよかったら、チャンネル登録お願いします。

当ブログは、実際に私自身が挑戦しているYouTube、ブログ、イラストの情報を中心に発信しています。

ぜひ他の記事も読んでみてください。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

参考になれば嬉しいです。

https://youtube.com/c/tsushinofude-WhiteboardArt

RELATED POST