Uncategorized

YouTubeでバズっているイラストメイキングの種類や描き方を徹底解説!【つっしーの筆】

こんにちはつっしーです。(久しぶりのブログ更新です。)

当ブログはYouTubeとTikTokを中心としたSNSに関する有益な情報を常に発信しているブログになります。

今回紹介するのは、私が普段から発信している『ファンアートのイラストメイキング動画』の種類と作り方、描き方、そして使っている道具になります。

私が普段からYouTubeやTikTokに投稿している動画の描き方をまとめた記事になります。

当記事の信頼性

YouTubeチャンネル(つっしーの筆)登録者58万人。

TikTokフォロワー25万人。

つっしーのブログ月間PV10万以上。

※当記事は描き方自体を紹介する記事ではありません。(というのも,イラストメイキング動画自体が描き方の過程を紹介している動画だからです。)

当記事で紹介しているのは、動画で実際に使用している道具や,描き方のコツを紹介する記事になります。

私が普段から変わった変わった描き方をしている理由

私自身もYouTubeを始めた当初は普通に描いているイラストメイキング動画を投稿していました。

再生回数は100回もいかなかったですが,自己満足でやっていました。

しかし,ある日,バズっている動画(主に海外のやつ)をみた時に,変った描き方や撮影方法が凝っていることに気がつきました。

それまで投稿してきた私の動画と比べてみても,撮影の角度を逐一変えたり,効果音を入れたり,視聴者が見ていて飽きないような工夫がされていました。

特に私が普段から投稿しているイラストメイキングはカメラの位置が分からず,飽きやすい構図になっていたのですね。

YouTubeで再生回数を増やしたい場合は,他のクリエイターと違ったことをしなければいけないと気がついた瞬間でした。

今回紹介するのはあくまで私自身が現在投稿しているイラストメイキングです。

動画を組み合わせたり,アイディアを一つ加えることで全く違った動画を作ることも可能です。

ぜひ参考になれば幸いです。

1、無駄が多い描き方

私が最もYouTubeでバズっているのがこちらのシリーズです。

鉛筆を転がす→鉛筆をカッターで削る→ティッシュで黒く塗る→顔以外を先に描く→変顔を描く→修正液で肌の部分のみを塗る→ちゃんと描き直す。

という感じです。

コツ:場面を3秒以内に抑えて,素早く切り替える編集をすることでユーザーの興味を惹きます。変顔を描く時は,どういう顔にすればコメントされやすいかを考えて描いています

使っている道具↓

2、時間を決めて描く

時間的に制限をかけてイラストを描きます。

時間的の制限は描き方のバリエーションを多く生み出すことができます。

私自身も

  • 5秒,50秒,5分で描くやつ
  • 1分で描くやつ

などがあります。

早くイラストを描ける人にはおすすめです。

使っている道具↓

1と同じ

3、特殊なグリッチで描く。

1発描きはできない,絵はまだそこまで上手くないという人におすすめの描き方になります。

すでに出来上がっている線画の外側を動画のように描くだけで,動画を作ることできます。

コツはさまざまな角度から撮影することです。

一発描きをしなくても編集でどうにかしやすいイラストメイキング動画です。

しかも結構バズりやすいです。

また,黒く塗る方法とった場合,インクが乾くまで待たないと他のペンが黒くなってしまうので注意dが必要です。

使っている道具↓

4、3本のペンで描く。

次に紹介するのは,3本のペンでまとめて描く方法です。

慣れるまで難しいですが,私は1番下のペンを基本として絵を描いています。

平行にペンを固定して、テープでぐるぐる巻きにして3本のペンを作って描いています。

コツ

  • ペンを3本平行に固定する。
  • 1番下のペンをしかみないようにする。
  • ゆっくり描いて、早送りで誤魔化す。

使っている道具↓

100円均一のペンかポスカを使っています。

5、金色だけで描くやつ

次に紹介するのは、一色だけで描くイラストメイキングです。

このイラストメイキングは、描くときに少し工夫をしないと色が一色なので、よくわからなくなってしまいます。

重要な輪郭だけを描いて、細かな部分は端折ることが必要です。

また、編集時にカットを多めにして、撮影の角度や画角を変えることで最後まで視聴される動画を作りやすくなります。

使っている道具↓

金色のポスカを使っています。

その他特殊な描き方

これから紹介するのは、私自身はあんまり投稿しないかつそこまでバズったことがない描き方になります。

また、私自身が言うのもなんですが、かなり技量が必要になる描き方です。

「ああ、こんな描き方があるんだ」

という程度に読んでみてください。

プリンターのように描くやつ

プリンターの印刷のように、上、もしくは斜めから描いていく方法です。

ただ、見て頂けたらわかるように結構ズルして描いています。(完全に斜めからではなく、普通に描いてたりします。)

これはかなり難しい上にあんまりバズらないので、おすすめではないです。(難しさはダントツ1位ですが)

使っている道具↓

ペンをノックしなくても芯が出続けるので、これを使っています。

体に肉付けして描くやつ

次に棒人間を描いてそこから肉付けした描いていく方法です。

デジタルなら結構ありがちですが、アナログでやると線が残るので、注意が必要になります。

筋肉質のキャラクターを描く際におすすめの書き方になります。

上半身が裸だと描きやすいです。

使っている道具↓

オレンジネロを使っています。(一個上と同じ)

10ステップに分けて描くやつ

最後に紹介するのは、イラストを10分割にして描く方法です。

普通にイラストを描いた上で、編集で10分割にしています。

数字やカウントしている音声を加えることでそれっぽい動画を作ることができます。

使っている道具↓

ペンで描く場合。

ホワイトボードで描く時。

終わりに

以上になります。

当記事で紹介した描き方をまとめると

1、無駄が多い描き方。

2、時間を決めて描く。

3、3本のペンでまとめて描く。

4、特殊なグリッチで描く。

5、金色だけで描くやつ。

6、プリンターのように描くやつ。

7。体に肉付けして描くやつ。

8、10ステップに分けて描くやつ。

もちろん思いつきでこれ以外のイラストメイキング動画を作成することはありますし、見せ方や描くキャラクターは何千種類もあると思います。

ぜひあなたに合った方法を見つけられたら幸いです。

RELATED POST