YouTubeの話

【保存版】YouTubeの始め方から収益化までの完全ロードマップ。

「YouTubeをやろうと思ったけど、どうすればいいの?」

そんな人のために、YouTubeで生活している自分が実際に0からとても丁寧に解説しました。

つっしーの筆というYouTubeチャンネルを運営しています。チャンネル登録者数3万5千人のYouTubeチャンネル↓↓↓

https://youtube.com/c/tsushinofude-WhiteboardArt

さて、本記事は、

『YouTubeを始めたいと思ってから、実際にYouTubeを収益化する』

までの手順、アドバイスを目的とした記事になります。

当記事は

  • 初心者でも大丈夫なように
  • できるだけわかりやすく
  • 専門用語を使わずに
  • 図解多めで

解説していきます。

実際に私が動画投稿している経験等も惜しみ隠さず公開していきます。

ぜひ当記事をブックマークやホーム画面に追加して、何度も見返して勉強してみてください。

始める前にYouTubeで確認しておくべきこと3選。

YouTube収益化までの条件。

YouTubeで収益化するには、YouTube側が定める“YouTubeパートナープログラム(通称YPP)“の参加条件を満たさなければいけません。

参加資格を得るには以下の通りです。

  • ・チャンネル登録者が1,000人以上。
  • 動画の総再生時間が4,000時間以上(直近1年間の合計)
  • YouTube収益化ポリシーに遵守している。
  • 利用可能な国や地域に居住している。(日本に住んでいるならOK)

上記のことが主な収益化条件になります。

この中でも難易度が高いことが

  • チャンネル登録者が1,000人以上
  • 動画の総再生時間が4,000時間以上(直近1年間の合計)

の二つで、ほとんどのチャンネルがこの条件を満たせずYouTubeを諦めてしまう傾向があります。

参考:YouTube パートナー プログラムの概要と利用資格

YouTubeのメリットと難易度。

YouTubeで一定以上成功することで、大きなメリットを得ることができます。

もちろん趣味でやる人もいるので、メリットは“ついで“な場合もありますが、収入的な面でもビジネス的な面でもやる意味は絶大です。

YouTubeから得られるメリット

  • 広告収益を得られる。
  • 影響力を持てる
  • 他のSNSと比べて、濃いファンを作れる。
  • 好きなことを発信できる。
  • ビジネスで横展開できる。
  • 動画が積み重なるので、“資産“になる。

一方、先程紹介した『チャンネル登録者1,000人以上』という収益化の条件の難易度はとても高いです。

全体の割合から見ても、チャンネル登録者1,000人以上のチャンネルは上位10〜15%に入るほど少数なチャンネルです。

動画投稿初心者のはほとんどの動画は見られることがなく、数回〜数十回程度の再生回数が数ヶ月続く場合もあります。

動画撮影、動画編集と時間をかけて精一杯作った動画が見られないというストレスで途中でやめてしまう人も多いというのが現実です。

YouTubeの心得

YouTubeで1番大切なことは

諦めずに継続して続けること

これはYouTubeで成功できる方法でもあります。

継続して動画投稿を続けていけば、動画が積み上がっていきますし、どんな動画がバズるかわかりません。

少なくとも半年〜1年は続ける気概を持つ必要があります。

YouTubeは人によってどれくらい時間がかかるか大きく変わります。

人によっては、時間をかけずに撮影した動画がすぐに再生される場合もありますが、それは“稀“だと認識しておいた方がいいです。

YouTubeは基本的には、“時間のかかるコンテンツ“と考えておいた方がいいです。

そう思っていた方が、うまくいかない時も「こんなもの」と割り切って動画投稿を続けることができます。

個人的としては、100本動画を投稿できてやっと収益化できるイメージです

YouTubeで準備したいもの

YouTubeの始め方(ジャンル決め、投稿までの流れ)

「YouTubeを始めたい!」

と思ったらまず何から始めたらいいのか順番に10Stepで解説していきたいと思います。

まず、先に全体像として、10Stepを先に見せていきます。

  • Step1:テーマ、ジャンルを決める。
  • Step2:YouTubeチャンネルを作る。
  • Step3:動画機材を揃える。
  • Step4:動画を撮影、収録する。
  • Step5:動画を編集する。
  • Step6:タイトルを決めて投稿する。
  • Step7:サムネイル、概要欄、タグ付をする。
  • Step8:動画が公開される。
  • Step9:Step4〜8を繰り返す。
  • Step10:データを分析して、試行錯誤を繰り返す。

それでは一つずつ解説していきます。

Step1:テーマ、ジャンルを決める。

どういった動画を投稿していくかのテーマ・ジャンルを初めに決める必要があります。

YouTubeテーマ例

  • エンタメ系
  • 趣味系
  • ペット系
  • 芸術系
  • 美容系
  • ビジネス系
  • 教育系

など様々なジャンルがあります。

「ジャンル・テーマを決められない」と言ってチャンネル創設初期に様々なことに挑戦する人もいますが、よっぽど既に知名度がない限りお勧めできません。

YouTubeを行うのであれば、『特化型のチャンネル』の方が固定ファンが付きやすく、YouTube検索などにも有利に働きます。

まずは、自分が得意、好きなことのメインテーマを決める必要があります。

また、視聴者ニーズを考える必要があります。

YouTubeで何を見たいのかは視聴者それぞれありますが、そこには明確に『需要のボリュームの差』があります。

誰もやっていないジャンルやテーマだったとしても、需要がなければ意味がありません。

重要なポイント

  • 得意なこと、好きなことでジャンルを決める。
  • 視聴者ニーズがあるジャンルを考える。

この項目に関してのおすすめ記事↓

Step2:YouTubeチャンネルを作る。

テーマや自分の方針を決めたら、まずは自分のチャンネルを作成していきましょう!

既に作っている人の方が多いかもしれないので、ここはさらっとだけ解説します。

このステップで必要なのは、『Gメールアカウント』だけになります。

『Googleホームからアカウントの作成→YouTubeにログイン』するだけで、アカウントを作ることができます。

YouTubeのアプリやサイトから、YouTubeのチャンネル名やホーム画面の画像を変えることができます。

この際にチャンネル名を決めますが、後からでも変更可能です。

チャンネル名は、視聴者にどんな動画を配信しているのかがある程度わかるチャンネル名にするか、わかりやすいチャンネル名にすることをオススメします。

重要なポイント

  • Gメールアカウントを取得して、YouTubeにログインする。
  • チャンネル名を決める。

もっと詳しく知りたい人は下の記事がおすすめです、

Step3:動画機材を揃える。

次に動画機材を揃えていきましょう!

もしあなたがこれからYouTubeを始めるのであれば、高価な道具を揃える必要がありません。

お手元のスマホ1台あれば動画を撮影することができます。

撮影していく過程の上で、必要なものあれば揃えていく感じでいいと思います。

マイクやカメラなどによって動画のクオリティは大きく変わる場合がありますが、まずは内容を磨くことに専念してもいいと思います。

実際にYouTube撮影して、慣れてきたら撮影道具を揃えていく形で十分だと思います。

YouTube撮影に使うもの一覧

  • マイク
  • カメラ
  • 三脚
  • 照明

最低でもこの4つあれば、ある程度のクオリティの高い動画を作ることができます。

重要なポイント

  • 高価な道具を揃える必要はない。
  • 撮影をして、必要になった時に購入する。

もちろん、先に道具を揃えたい人という人は下の記事を参考にしてみてください。

Step4:動画を撮影、収録する。

ここからが本格的にYouTuberのような行動になっていきます。

『動画の撮影』です。

人それぞれによって撮影する対象や内容が違うと思います。

私の場合は、

  • 視聴者ニーズの分析(どんな動画を作るか)
  • 撮影の仕方やどんなイラストを描くかを考える
  • イラストの練習
  • 撮影

とざっくり4ステップで撮影しています。

ある程度撮影したら、無意識にやっていますが、まずは自分の撮影する工程を明確にすることをお勧めします。

撮影工程をあらかじめ決めておけば、無駄な時間の短縮にもなりますし、ストレスも少なくなります。

重要なポイント

  • 企画→撮影とあらかじめ撮影する内容を決めておく。
  • 何が視聴者に刺さるかをリサーチ、思考する。

Step5:動画を編集する。

ステップ4で撮影した動画を編集していきましょう。

この編集作業がもしかしたら1番時間のかかるステップかもしれません。

動画が編集することで、演出や動画の見やすさが全く変わっていきます。

動画の編集内容

  • 無駄な部分のカット。
  • BGMの挿入。
  • テロップを入れる。
  • 早送り。
  • ノイズ除去
  • 音量調整
  • 効果音
  • その他面白いように演出する。

などです。

動画の編集は、PCやスマホ、タブレットで行うことができます。

スマホ、タブレットで編集したいという人は『Lumafusion』というアプリがお勧めです。

https://www.tsusshinofudeblog.com/【基本】これだけは抑えておきたいluma-fusionの使い方%E3%80%82/2887/

Step6:タイトル、公開日時を決めて投稿する。

おめでとうございます。

動画が完成したら、動画をYouTube上に投稿していきましょう。

投稿自体は、YouTubeのWEB版でもアプリからでも投稿可能です。

WEB版の方では、タイトル、概要欄、タグなど全て設定して投稿することができますが、アプリではタグなどの設定はできません。

ただ、後からYouTube studioで細かな設定を行うことができます。

また、現在はスマホ限定でshorts動画を音源付きで投稿することもできます。

shorts動画を投稿する際は、スマホから投稿することをお勧めします。

公開日時に関しては、できるだけ視聴者がYouTubeを見ているときに投稿することをお勧めします。

重要なポイント

  • 動画を投稿する際は、時間に気をつける。

それでは何時に投稿した方がいいの?

と気になる方は下の記事がお勧めです。

Step7:サムネイル、概要欄、タグ付をする。

YouTube studioではさまざまな設定を行うことができます。

YouTubeは加点方式であなたの動画、チャンネルの評価を行なっています。

ポイントの差があれど、概要欄やタグなどを設定した方がYouTube側から優遇されやすいので、きちんと設定しておくことが重要です。

先ほどのタイトル、そしてサムネイルは“YouTubeで再生される“ために最も重要な要素の一つです。

動画が見られるためには、ユーザーを惹きつけるタイトルやサムネイルにしておく必要があります。

重要なポイント

  • YouTubeは加点方式なので、全ての設定をしておくのがベスト。
  • 特にサムネとタイトルで視聴者を惹きつける必要がある。

ちょっと過激な方が視聴者から再生されやすい場合もありますが、過激すぎるとYouTube側から警告を受ける可能性があります。

しっかりとコミュニティガイドラインを確認しましょう。

Step8:動画が公開される。

公開時間になったら動画が公開されます。

YouTube投稿初期は、動画が公開されても全くと言っていいほど動画は伸びません。

多くても数十回程度になると思います。

しかし、データが溜まっていくと動画が急に再生される時があります。

もちろん全ての動画がそうなるわけではありませんが、“動画がバズる“瞬間は遅れてくるので、ぜひその時が来ることを

信じて動画投稿を頑張りましょう。

重要なポイント

  • 初期の頃は全く動画が伸びない
  • データが溜まると、バズる可能性が出てくる。

Step9:Step4〜8を繰り返す。

初めに言った通り、とにかく動画を投稿を継続しましょう。

諦めずに動画投稿を続けることで、YouTubeで収益化まで辿り着くことができます。

目指しは100本投稿です。

Step10:データを分析して、試行錯誤を繰り返す。

10〜20本程度動画を投稿できたら、YouTubeデータを分析していきましょう

YouTubeでは、様々な“指標“があり、そのデータが改善されると再生回数が大きく伸びる傾向があります。

YouTubeで見るべきデータ例

  • 再生回数
  • 再生時間
  • チャンネル登録者の増減
  • 視聴維持率
  • インプレッション(どれだけ動画が表示されたか)
  • インプレッションのクリック率(表示された動画のクリック率)
  • どこから動画が再生されているか?(おすすめ、検索、チャンネルページなど)
  • 視聴者の属性

これらはYouTube studioのアナリティクスで確認することができます。

「どういった指標を見ればいいの?どういった動画が伸びやすいの?」

動画のデータに関して興味のある人は下の記事がおすすめです。

収益化条件をクリアするための方法

ここからは収益化に必要な条件をどうやって乗り越えるかを解説していきます。

総再生回数4,000時間の壁をどう乗り越えるか?

総再生時間4,000時間をどうやってクリアしていくのか?

これはYouTubeの通常動画を再生させるしか方法がありません。

視聴者を満足させるコンテンツを作ることで視聴維持率を伸ばし、サムネイルでユーザーを惹きつけることでクリック率を改善できます。

総再生時間をクリアさせるには

  • 動画の本数
  • 動画の長さ
  • 視聴維持率
  • クリック率

のこれらが重要になってきます。

まず、物理的に動画の本数や動画の長さを増やすことで、総再生時間を増やすことができます。

これは脳筋的な考えですが、いつからはクリアできる手段でもあります。

しかし、悪戯に動画の長さを長くしても、維持率やクリック率が悪いと動画の再生回数がガクッと下がってきてします。

そのため極端に動画を長くするのは、お勧めできません。

動画の再生回数を増やすためにも

  • 適切な動画の長さ
  • 動画のテンポ
  • サムネイル・動画のタイトル

を改善していく必要があります。

チャンネル登録者1,000人の壁をどう乗り越えるか?

動画が再生されれば、比例してチャンネル登録者も伸びていきます。

私がお勧めする方法は、『YouTube shortsの活用』になります。

ショート動画は総再生時間にカウントされませんが、チャンネル登録者を爆増させる可能を1番に秘めていると思っています。

ショート動画に関しては下の記事をご覧ください。

あなたのYouTubeチャンネルをブーストさせる方法。

他のSNSの活用!

Twitter、TikTok、Instagram、Facebookなど他のSNSツールを活用することで、YouTubeチャンネルを伸ばすことができます。

YouTube上でまだ見つけられていない視聴者を、他のSNSツールで取り入れることで、あなたの動画がより再生されることになります。

単純に他のSNSを使うことで、広告効果が倍々に増えていく計算です。

しかも、SNSは全て無料でできるので使わない手はありません。

もしやっていないという人がいれば、今すぐにでも初めてみましょう。

SNS運用はめんどくさい

という人は、楽にSNSツールを分析、運用できるツールを使うのがいいかもしれません。

多少お金がかかりますが、その分運用が楽になり、パワーUPできます。

興味のある人は下の記事をご覧ください。

動画編集スキルを学ぶ。

動画のクオリティを上げるために、“動画のオンラインスクール“を通うのもいいかもしれません。

動画編集スキルを身につけることで、自身のチャンネルの役に立ちますし、副業として動画クリエイターで活躍することもできます。

YouTubeを趣味ではなく、本気で取り組みたいなら、オンラインスクールで一から学んでみましょう。

動画はこれからもっと伸びる業界です。

その中でも動画クリエイタースキルはもっと世間的に必要になってくるので、手に職をつけましょう。

オンラインスクールに興味のある人は下の記事をご覧ください。

まとめ。

今回は、「YouTubeを始めたいと思ってから、YouTubeで収益化するまで」というテーマで当記事を書いていきました。

YouTubeは大変な作業でもあり、時間がかかるプラットフォームですが、それに見合ったリターンを得られる素晴らしいコンテンツです。

ぜひ一緒に頑張っていきましょう。

当記事が参考になれば幸いです。

最後までご覧になってくれてありがとうござます。

RELATED POST