YouTubeの話

YouTubeのチャンネル登録者と月収の“収益早見表“を作ってみた。

昔当ブログで書いた

『登録者数でわかるYouTube1番付!あなたのチャンネルはどのレベル?〜全体の割合もわかります』

という記事が今結構読まれています。

1日のPVが多いときで300PVくらいいきます。

やはり皆さんYouTubeでどれくらい稼げるのか興味があるみたいですね。

[ad]

今回は前回の記事を踏まえて、チャンネル登録者と収益をまとめた“収益早見表“を作ってみました

実際に私が運営しているチャネンルと前回の記事をもとに作成しています。

今回の記事は

  • チャンネル登録者20万人の収益を知りたい人。
  • チャンネル登録者と収入の関係を知りたい人。
  • どれくらいチャンネル登録者がいれば生活できるのかを知りたい人。

に向けての記事になっています。

チャンネル登録者20万人の収益

私は現在YouTubeチャンネル登録者数約20万人の『nishi_sensei』というチャンネルを運営しています。

チャンネル登録者20万人の『nishi_sensei』の概要

  • ジャンル:イラストメイキング系、18禁に近いジャンル。
  • 月の再生回数:約300万回〜400万回
  • チャンネル運営期間:約一年
  • 投稿頻度:1日に1本

になります。

このチャンネルの月の広告収益には波がありますが、

大体月15万円くらいになります。

え、チャンネル登録者20万にしては少なくない?

と思われた方も多いと思います。

そうです。めちゃくちゃ少ないです。

このチャンネルの収益が低い理由は以下の通りです。

  • インドなどで爆発的に再生されている為。
  • 18禁に近いジャンルのため(広告がつかない動画もあり)。
  • 1本1本の動画短い為。

などになります。

https://youtube.com/c/nishisensei

チャンネル登録者と広告収益の関係性

下に『チャンネル登録者と収益の早見表』を用意しました。

ただ、これらを見る前に知って置いて頂きたいことがあります。

それは、“ぶっちゃけチャンネル登録者だけで収益は決定しない“ということです。

これは先ほどの私のチャンネルがいい例になっていると思います。

広告収益に関して言えば、広告収益は自身のチャンネルの

再生回数✖︎広告単価

によって決定します。

さらに広告単価は

  • 動画の長さ
  • ジャンル
  • 時期
  • 再生される国

などによっても左右されます。

そのため、先ほど私の20万人のチャンネルは、広告単価が低いわけです。

また、広告収益以外にも、YouTubeは様々なマネタイズ方法があります。

  • グッズ販売
  • スーパーサンクス
  • スーパーチャット
  • メンバーシップ

などです。

これらを活用して、チャンネル登録者そこまで多くないにもかかわらず、上手にマネタイズしているチャンネルもあります。

そのため、チャンネル登録者1万人で月に数十万稼げているチャンネルもあれば、チャネンル登録者10万人でも月に数万程度というチャンネルも存在します。

では、「チャンネル登録者が多い少ないは全くチャンネルの収益に関係しないのか?」となるとそうではありません。

動画が多く再生されているチャンネルはその分多くの視聴者から“チャンネル登録“されています。

チャンネル登録者と収益には明らかに関係性はあります。(多くのユーザーにリーチ出来るため)

とわ言え、チャンネルによって大きく異なる場合がある為、これから紹介する“チャネンル登録者の収益早見表“はあくまで参考までにみて頂けると幸いです。

チャンネル登録者と収益の早見表(参考)

チャンネル登録者数:推定収益

  • 登録者500人:0円
  • 登録者1,000人:0〜5,000円
  • 登録者3,000人:3,000〜1,0000円
  • 登録者5,000人:10,000〜30,000円
  • 登録者1万人:30,000〜50,000円
  • 登録者2万人:50,000〜100,000円
  • 登録者3万人:100,000~150,000円
  • 登録者5万人:150,000~250,000円
  • 登録者10万人:300,000~500,000円
  • 登録者20万人:500,000~1,000,000円
  • 登録者30万人:800,000~2000,000円
  • 登録者50万人:1,500,000~2,000,000円
  • 登録者100万人:2,000,000~10,000,000円

この早見表を見る限り、YouTubeで生活していけるようになるには、最低でも3万人〜5万人くらいは必要になってきそうですね。

ただ、チャンネル登録者が100万人にもなれば、月に数百万ぐらい稼げる可能性が大きあります。

夢がありますね。

ただ、繰り返しになりますが、チャネンル登録者で収益は決定しません。

そのチャンネルの再生回数やジャンル、時期によって収益はまた変化します。

あくまで“目安“として、参考にして頂ければ幸いです。

チャンネル登録者100万人以上!日本トップYouTuberの年間収入。

以上がYouTubeのチャンネル登録者と収益に関する収益早見表でした。

これらのデータをもとに、現在日本トップYouTuberの収益を推測してみたいと思います。

現在のYouTuberのトップ層の収入が以下の通りになっています。

1位→東海オンエア:総再生回数9億7939万回、推定年収2億9381万円

2位→タキ:総再生回数9億7324万回、推定年収2億9197万円

3位→Fischer’s:総再生回数8億2812万回、推定年収2億4843万円

4位→キッズライン:総再生回数8億0737万回、推定年収2億4221万円

5位→まいぜんシスターズ:総再生回数7億5561万回、推定年収2億2668万円

6位→はじめしゃちょー:総再生回数5億1893万回、推定年収1億5567万円

7位→HIKAKIN :総再生回数5億1667万回、推定年収1億5000万円

8位→ボンボンTV:総再生回数、4億9442万回、推定年収1億4832万円

9位→水たまりボンド:総再生回数4億7126万回、推定年収1億4137万円

10位→はじめしゃちょーの畑:総再生回数4億4712万回、推定年収1億3413万円

【上位0,02%】チャンネル登録者100万人のYouTubeの収入ってどれくらい?

再生回数は上の記事を参考にし、推定年収に関しては、1再生回数×0,3円で計算しているものです。

これだけ見るだけでも、YouTuberがとても夢のある職業だと思ってしまいますね。

[ad]

再生回数と広告収益の早見表

YouTubeで動画を見ていて

再生回数が1千万回、1億回ある動画ってどれくらい収益があるのだろう?

と気になったことはありませんか?

YouTubeの広告単価は0,1円〜0,8円だと一般的に言われています。

そのため、1千万回動画が再生された場合、最低でも100万円くらいは広告収益として受け取ることができる計算になっています。

下の記事は、再生回数に応じた収益をまとめた記事になっています。

ぜひ興味があったらチェックしてみてください。

[ad]

終わりに

今回はYouTubeに関して、チャンネル登録者と収益に関する“収益早見表“を紹介してきました。

ぜひ参考になれば幸いです。

当ブログは、YouTube、ブログ、イラストに関しての情報を公開しています。

実際に私がやってきたことをメインに記事を書いていきたいと思っています。

もしよかったら他の記事も読んでみてください。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

YouTubeに関しては、『つっしーの筆』というチャンネルも運営しています。

もしよかったらチャンネル登録お願いします。

最後まで当記事を読んでくれてありがとうございました。

https://youtube.com/c/tsushinofude-WhiteboardArt

RELATED POST