YouTubeの話

自分にあったYouTube用マイクの選び方とおすすめマイク7選!

YouTuberにとって音質は何よりも重要になってきます。

特にノイズ、口調音が入ってしまうと、視聴者は不快に感じ、動画の離脱率を上げてしまいます。

また、野外で撮影する場合でも風切り音や環境音のせいで想像以上に動画の声が聞こえない場合もあります。

つまり、YouTubeにとってあなたの最適なマイクを見つけることはあなたの動画が成功するかしないかを左右する重要なファクトになり得ます。

「マイクは高いものを買わなきゃいけないのか?」

と思う方もいるかもしれませんが、予算によって最適なマイクはそれぞれ存在します。

それでは前置きはこれくらいにして、実際に見ていきましょう!

自分にあったマイクの見つけ方!

「マイクが重要なのはわかったけど、実際どういったマイクを選べばいいの?」

自身がどういった動画を撮影していくかによってどういったマイクを選べばいいのかが変わってきます。

マイクの種類

スタンドマイク

1箇所にマイクを設置して、比較的に広い範囲の音を拾うのに適したマイクになります。

スタンドマイクが適している状況

  • 屋内で撮影する場合。
  • 複数人でのYouTube撮影する場合。
  • 固定の場所で撮影する場合。
  • より音質にこだわる場合。

などの状況に適しているマイクです。

ピンマイク

服などにつけて至近距離の音を撮影するマイクになっています。

基本的に1人一つのマイクになります。

ピンマイクが適している状況

  • 動いて撮影する場合。
  • 野外で撮影する場合。
  • 持ち運びにこだわる場合。
  • 撮影(被写体)が1人の場合。

などの状況に適している。マイクです。

ガンマイク

離れた距離からであっても特定の音を集中的に拾うことができるマイクです。(指向性)

周りの環境音をカットして撮影することが可能です。

ガンマイクが適している状況

  • 撮影者が1人の場合。
  • 被写体が遠くになる場合。
  • 環境音が気になる場合。
  • 屋内、野外両方とも撮影した場合。
  • 持ち運びにこだわる場合。

などに適しているマイクです。

ヘッドセットマイク

ヘッドフォンとマイクがセットになっているマイクです。

ハンズフリーで撮影することが可能で、音を直接的に拾うことができます。

環境音などをフルカットするができますが、ヘッドセットマイクを頭に設置していなければいけません。

ヘッドセットマイクが適している状況

  • ゲーム実況、Live、通信して撮影する場合
  • 自身がカメラに映らない場合。
  • 特定の音(ゲームやテレビ)を聞きながら撮影したい場合。

などに適してるマイクです。

SHURE SM7B(スタンドマイク)

私が初めに紹介するマイクがこちらの『SHURE SM7B』になります。

Shure SM7Bをおすすめする理由の一つは、録音機能が並はずれていいからになります。

全ての録音サウンドが洗礼されていて、ダイナミックカートリッジは、広範囲の周波数に応答します。

つまり、とても自然な録音をすることができるということですね。

さらに、『SHURE SM7B』は、優れたノイズ除去機能を持っています。

私自身、ノイズや環境音、自身の声が少しこもって聞こえてしまうなどの問題に直面したことがありますが、このマイクが全て解決してくれました。

息づかい、破裂音、後ろの雑音などをクリアにしてくれます。

「音に妥協したくない」

「音が最も重要な撮影」

「自身の声をクリアに届けたい」

という人はこのマイクがおすすめです。

SHURE SM7B』は全体のマイクとして、少し値段はしてしまうものの、もっとも『最適なマイク』だと思っています。

YouTube、ASMR、TikTok、ライバー、多くの有名クリエイターも使用している最適なマイクです。

アマゾンで価格を確認する。

オーディオテクニカ AT2020(スタンドマイク)

オーディオテクニカ AT2020』は先ほどの『SHURE SM7B』より1万円くらい安価の商品になります。

1万円代で購入することができる、最高級のサウンディングコンデンサーマイクです。

「YouTubeで最適なマイクは何?」

と聞かれた際、多くの人がこの『オーディオテクニカ AT2020』を候補の一つに挙げていくでしょう。

この価格帯の頑丈なデザインかつ、音質、などを含めてとても価値のある購入になると思います。

低質量ダイヤフラムを使用して、『オーディオテクニカAT2020』は録音から高レベルの詳細を提供する拡張周波数応答を備えています。

つまり、急速な変化(振動)を上手に処理できるため、ギターなどの楽器にも使用できるくらい、頑丈かつ適応力があるマイクです。

比較的手頃な価格帯にも関わらず、あなたの録音はクリーンに録音でき、視聴者にもより聴きやすくなります。

コストパフォーマンスが最も優れたマイクです。

アマゾンで価格を確認する。

Blue Yeti Blackout Edition(スタンドマイク)

Blur Yeti』は私が個人的に大好きなメーカー『ロジクール』の商品になります。

この商品はとても有名なUSBマイクの一つであり、初心者のYouTuberにおすすめの人気の商品です。

素晴らしい品質と比較的低価格な商品です。

特にこのスタンドマイクは海外でももっとも人気の高いマイクの一つです。

Blur Yeti』は先ほど紹介した『オーディオテクニカ AT2020』と同様に非常にコストパフォーマンスに優れた商品です。

USB互換を必要としているYouTuberは見てみる価値があるかもしれません。

Blur Yeti』は、機能豊富で凡用性の高いマイクです。

プラグアンドプレイの性質により、高品質な録音を提供してくれます。

フル20Hz〜20kHzの広範囲周波数に応答しているため、暖かい低音と鮮明な高音を引き出してくれます。

アマゾンで価格を確認する。

MAONO(スタンドマイク)

「1万円以下でマイクを探したい」

「気軽にYouTubeに挑戦したい」

という方におすすめのマイクになります。

まず第一にこのマイクは、USBとXLRの両方のマイクとして使用できるため、対応できる機器が幅広いです。

低価格にもかかわらず、とても高性能のスタンドマイクになります。

音質も十分な領域まで録音できるので、そこまで音にこだわらなくても大丈夫という人にとっては十分なマイクです。

この価格帯でかつ高性能な機能なマイクです。

アマゾンで価格を確認する。

RODE ロード Videomic (ガンマイク)

YouTubeの定番マイクといえばこちらの『RODE ロード Videomic』になります。

このマイクは、全てのガンマイクの中でももっと人気なマイクの一つです。

私の周りでも使っている人が多いほど、私自身も身近なマイクです。

ガンマイクは画面に1人で、1人語にとても向いているマイクです。

クリアな音を拾ってくれてくれます。

「自身の声に厚みを出したい」

「環境音が気になる」

「クリアな声を届けたい」

という人におすすめのカメラになります。

アマゾンで価格を確認する。

ロジクールG G433BK(ヘッドフォンマイク)

ヘッドフォンマイクをを探している方におすすなのがこちらの『Logicool G433』になります。

綺麗な録音をできることはもちろん、ヘッドフォンからもクリアな音を聴くことができます。

ゲーム実況などにはピッタリなヘッドフォンマイクです。

価格も比較的安く、ヘッドフォンマイクとして安定のパフォーマンスをしてくれます。

アマゾンで値段を確認する。

FIFINE(ピンマイク)

ピンマイクで商品を探しているという方は、FIFINE(ピンマイク)がおすすめです。

ピンマイクは先ほど紹介した通り、

  • 1人の撮影。
  • 野外。
  • 動き回る。

などに適したマイクです。

このFIFINEは、延長コードがついているため、最長3、5Mからカメラを繋げて撮影することができます。

低価格にも関わらず、しっかりとした綺麗な録音ができるマイクです。

アマゾンで価格を確認する。

終わりに

今回は『YouTubeおすすめのマイク』というテーマで話していきました。

ぜひあなたにとって最高のマイクが見つかれば幸いです。

当ブログはYouTube、ブログ、イラストに関しての情報を中心的に発信しています。

もしよかったら他の記事も読んでみてください。

最後まで記事を見てくれてありがとうございます。

RELATED POST