YouTubeの話

【悲報】登録者25万人の悲惨すぎる広告収益がこちら。

こんにちはつっしーです。

先日、私が運営するチャンネルの1つである『nishi_sensei』というチャンネルの登録者数が25万人を突破することができました。

25万人という登録者の数は、全体のチャンネル割合からいっても超少数で、ごく一部のチャンネルでしたたどり着けない領域です。

とはいえ、このチャンネルで稼いでいるのかと言われば全く別の話になります。

以前私の視聴者様から「これだけ登録者がいればかなり稼いでいるのではないですか?」と言われたことがあるので、今回はその質問について答えていきたいと思います。

今回の記事の内容は

  • 登録者25万人まで増やしたコツ。
  • 収益がめちゃくちゃ少ない話と原因。
  • 収益単価を上げるコツ

について話していきたいと思います。

当ブログはYouTubeに関してのコツや裏話についても話しているので、ぜひ最後までご覧ください。

当ブログの運営者の実績

  • YouTubeチャンネルを複数運営(合計登録者32万人以上)
  • ブログ『つっしーのブログ』で月間PV数15万以上
  • NTFアート出品で合計取引高240万円達成(Dirty Rabbit Sons

編集部が選ぶ動画編集スクール3選

会社名おすすめポイント公式サイト
studio US
・完全オンラインスクール
・いつでもどこでも受講できる
700本以上の豊富な動画素材
・コスパ最強の動画スクール

詳細を見る

DMM WEBCAMP
・大手DMM参加のスクール
・満足度90%以上
・現役クリエイターがサポート
・安心副業サポート

詳細を見る

デジハリ

・講座ひとつで幅広い案件に対応可能
・通学校の充実なカリキュラム、
通信校のリーズナブルな価格設定
・卒業後の仕事もサポートしてもらえる

詳細を見る

動画スクールおすすめランキング

なぜ25万人も登録者がいるの?

私が運営しているチャンネルの一つに「nishi_sensei」という海外向けに発信しているチャンネルがあります。

こちらのチャンネルは、少し過激なイラストからかわいらしイラストに変えるというものですが、インドを中心にバズりました。

現在1300万回以上再生されている動画。

動画を海外でバズらせるためにYouTube翻訳機能を使ったり、海外の視聴者にアプローチするなどして、登録者を増やすことに成功しました。

日本YouTubeユーザーは世界の割合からいっても約4パーセント程しかおらず、さらに減少傾向になります。

それらの事実から海外にアプローチした動画を作成してできたチャンネルがこちらになります。

少し裏技的なチャンネルを運営していますが、今回お話しするこのチャンネルのことやなぜここまで登録者がいるのかがわかって頂ければ幸いです。

ちなみに海外のアプローチの方法やYouTubeで海外設定にする方法、コツなどはこちらのnote記事にまとめていますので、興味のある人はぜひ参考にしてみてください。

一応有料500円ですが、7割以上は無料公開しています。

https://note.com/tsusshi_24/n/n19b5046fe4f4

登録者25万人の収益が悲惨すぎる話。

いきなり結論から言いますが、12月の収益は

登録者25万人を達成しているのに、約3万円でした。

低すぎ、、、

なぜここまで低いかというと、実は先日まで収益広告が剥奪されて月の半分の広告収益が入っていなかったからです。(今現在回復しました)

さらに私が運営しているチャンネルを見て貰えばわかる通り、YouTubeのコミュニティラインによってほとんどの動画に『制限付き』になってしまっています。

かつ、取り扱っているジャンルと再生される地域によって広告単価がかなり低くなってしまっています。

結果、チャンネル登録者がこれほどいても12月の収益が3万円程度だったということです。

今後収益は上がる可能性はあるという話

今後ずっと月広告収益が3万円ということではありません。

というのも、前回は月の半分ほどが収益剥奪によって収益が得られなかったという原因が解消されたからです。

そのため、今月来月は通常の収益を得ることができるという話になります。

ただ、収益が回復しても今までの動画のほとんどを収益再審査のために削除してしまっているので、今までほど収益を得られるわけではないと思います。

収益単価を上げる方法

YouTubeの単価は

  • 動画のジャンル
  • 視聴者層
  • 動画の長さ

によって変わってきます。

逆に言えば、この3つの項目を改善することで収益を上げることが可能です。

ジャンルにおいては、ビジネス系や教育系、金融系などが1個あたりの収益が高いと言われています。

それは、流れる広告の種類が『お金が発生しやすい広告のため』になります。

未成年の視聴者層よりも20代〜40代の方の方がお金を持っているため、広告単価が高くなる可能性があります。

動画の長さに関しては、今現在YouTubeでは8分以上の動画では動画の途中にいくつか広告が挟めるようになるため、1本あたりの広告単価が上がりやすくなります。

ジャンルと動画の長さを意識するだけでも広告単価が上がりやすくなる傾向があります。

YouTubeのジャンルに関わらず広告単価を上がる可能性について。

今までのYouTubeの広告単価については『ジャンル』が超重要でした。

しかし、2023年2月からYouTube shortsが収益化されることによって、もしかするとジャンルの影響をそこまで受けない可能性があります(現在調査中ですが、、、)

というのも、YouTube shortsは他の動画と動画の合間に広告が流れるため、そこまで広告単価が動画ジャンルの影響を受けない可能性があります。

もちろんこれは実際に今現在広告単価がとても低い私が収益がもらえる3月以降になってみないとはっきりしない部分があります。

ただ、その可能性が高いと思っています。

YouTube shortsの収益に単価とその詳細については、当ブログで今後中心に発信していきたいと思います。

今現状の広告単価(RPM)についてもっと知りたい人は下の記事がおすすめです。

終わりに

今回は私が運営するチャンネルの一つの登録者数が25万人達成することができたので、そのチャンネルについてまとめていきました。

私のチャンネルの単価は低くで、滅茶苦茶稼げているというわけではありませんが、ぜひあなたのYouTubeチャンネルの参考になれば幸いです。

当ブログはYouTubeに関しての情報を中心に、ほぼ週2〜3本ほど記事を継続的に更新しています。

YouTubeについては実体験が中心です。

ぜひ他の記事を見てもらえると同時にブックマークして頂けると幸いです。

当記事を最後まで読んだくださりありがとうございます。

今回紹介したnishi_senseiのYouTubeチャンネルはこちらです。

https://youtube.com/@nishisensei

RELATED POST