YouTubeの話

【チャンネル登録者20万人】が使っているおすすめYouTube周辺機材。

YouTubeにはどんな機材を使っていますか?

たまにそんな質問を頂くことがあります。

動画撮影時に、機材を一部変えるだけで、画質や画面の明るさ、音質までも多く変化していきます。

より自分のYouTubeスタイルにあった道具を使用することで、他のクリエイターと差別化できるようになります。

ただ、どんな道具を使えばいいかわからない

という人に、現在私が使っている撮影器具を紹介していきます。

私は現在チャネンル登録者20万人のnishi_senseiというチャンネルを運営しています。

チャンネル登録者が20万人というのは、全チャンネルの上位0,4%ぐらいの結構すごいチャンネルなんです。

しかし、私は高い機材は使っていません。

もともと持っていたiPhoneが1番高いものですね。

実際に私が使っているYouTube機材について解説していきます。

1、撮影用のカメラ

私は実際に使っているのはiPhone 13ですね。

iPhoneは下手なカメラよりも性能がいいので、まず軽く始めてみたいという人はお手元のスマホで十分だと思います。

「iphoneでは物足りない」

と実際にやってみて感じた人は、カメラの購入を検討してもいいと思います。

カメラを選ぶ第一の基準は『自分のYouTube、撮影したい対象とカメラの機能が合っているかどうか』になります。

ただ、ほとんどのYouTubeは動きがメインになるので、

アクションカメラを買っておくのがいいと思います。

アクションカメラの代表メーカーである最新のGoProは、一定の値段がしますが、YouTube撮影には十分な撮影ができると思います。

GoProは一時期に使っていましたね。

また、屋外の撮影が簡単にできることや軽く、他の機材とも相性が良いのがポイントが高いですね。

2、三脚、アームスタンド

私が使っている三脚とアームスタンドはそれぞれXXZUの三脚DREEM STARのアームスタンド

ですね。

メインで使っているのがアームスタンドで、『イラストメイキング』動画を撮影する時にとても役になっています。

三脚は、自分を撮影したり、ものを立てて撮影するときにたまに使っています。

ただ、通常のYouTuberは三脚が必要だと思いますので、おすすめの三脚はXXZUの三脚です。

3、マイク

私が使っているマイク(配信用)は

Blue Yeti Blackout Edition

になりますね。

マイクはノイズ、空調音とか気になってしまうので、少し高いものをおすすめしてみました。

ただ、マイクには様々な種類、用途にあった使い方がそれぞれあるので、十分に検討してから購入するべきだと思います。

マイクに関しては、私がおすすめしているものを下の記事にまとめてみました!

ぜひ興味のある人は見てみてください。

https://www.tsusshinofudeblog.com/自分にあったyoutube用マイクの選び方とおすすめマイ/3865/

4、照明

私が使っているおすすめの照明は、UBeesize LED撮影用ライトですね。

ライトは動画撮影時に最も重要な道具でもあります。

UBeesizeのライトは、ハイクオリティかつ費用を抑えられるので、私はこれをずっと使っていますね。

通常のカメラだけだと明らかに画面は暗くなります。

特に屋内で撮影する際は必ず撮影用ライトが必要になってきます。

[ad]

5、動画編集ソフト

私は色んな動画編集ソフトを使っていますが、PCで動画編集をする場合は、Videoprocを使っています。

Videoprocはとても多機能で、これ一台あればプロ級の動画編集も可能になります。

YouTube以外にも、動画編集の依頼を受けたり場合にも使えます。

動画編集の勉強をしたい場合は、オンラインスクールがおすすめです。

1か月程度で映像の勉強ができるので、サクッと学んでみるものいいかもしれませんね。

おすすめオンラインスクール。

オンライン映像スクール【DEMICRAWFILE】

終わりに

今回は私が使っているYouTube機材を紹介してきました。

ぜひ参考になれば幸いです。

YouTubeでは趣味のイラストを投稿しています。

また、当ブログでは、YouTubeやブログ、イラストをテーマにした情報を発信しています。

もしよかったら他の記事も読んでみてください。

https://youtube.com/c/nishisensei

RELATED POST