YouTubeの話

【これだけ】YouTubeチャンネル登録者20万人の収益公開。

アイコン名を入力

「YouTubeチャンネル登録者20万人もいれば、かなり稼げているんだろうな〜」

いえいえそんな甘い世界ではないんです( ;∀;)

憧れの職業でもあるYouTuber。

YouTubeというプラットフォームに動画を投稿し、再生された数に応じた広告収益で多くのYouTuberは生計を立てている人が多いです。

現在日本のYouTubeは、1再生あたり0,1円〜0,8円の広告収益を得られるというのが一般的です。

つまり、一千万回動画が再生されると100万〜800万円の広告収益を得られるということになります。

こう聞けば、結構夢がありますね。

動画が再生されるほどそのチャンネルの登録者数は上昇する傾向があり、チャンネル登録者が数万、数十万のチャンネルは大きく稼いでいる可能性が高いです。

さて、今回は前回の『チャンネル登録者数10万人の収益がこれだけ?」という記事を書きました。

この記事の反響はとても良かったです。

今回は、あれから数ヶ月経った今、私の現在の運営しているチャンネル「nishi_sensei」のチャンネル登録者数が20万人超えることができました。

ということで、今回は

チャンネル登録者20万人のYouTuberの収益

を公開していきたいともいます。

今回は私のチャンネルの収益を公開しつつ、本当にYouTubeで稼いでいけるのかや生活していけるのかに言及していきたいと思います。

ぜひあなたのYouTubeライフに参考になれば幸いです。

https://youtube.com/c/nishisensei

チャンネル登録者20万人の収入公開と概要!

早速20万人のチャンネル登録者を獲得した月の広告収益を発表していきたいと思います。

広告収益は

18万です!!!!

え〜、20万人にしては少ないと思いましたね。

そうなんです。

私のYouTubeチャンネルの収益は他のYouTubeチャンネルと比較しても圧倒的に少ない傾向があります。

通常チャンネル登録者が20万人を超えていれば、月収100万を超えていても不思議ではありません。

一方で、YouTubeの収益を決定づける私のチャンネルの“広告単価“が1再生あたり0,02円〜0,03円くらいしかありません。

つまり、100万回動画が再生されても、私の収益は約2万円くらいかないということです。

なぜ私のチャンネルの収益がこんなに低いのでしょうか?

「nishi_sensei」というチャンネル。

  • チャンネル開設年数:約1年
  • 投稿本数:約200本
  • 投稿頻度:毎日投稿
  • 動画の長さ:1分半〜3分
  • ジャンル:エンタメ、イラストメイキング(描いてみた系)、微エ◯系が中心
  • 1か月あたりの総再生回数:約600万回〜800万回くらい
  • 視聴者年齢層:20代〜30代の男性が最も多い
  • 再生されている国:インド、インドネシアが多い。

私のチャンネルはこんな感じです。

このチャンネルの広告収益が低いのは、

  • 動画1本あたりの動画が短い
  • ジャンルが微エ◯系
  • 動画が再生されている国のそもそもの広告単価が低い

という原因が考えられます。

再生回数は他のチャンネルと比べても多く、月に約600万〜800万回程あります。

再生回数に応じて、チャンネル登録者が増えていきますが、そもそもの広告単価が圧倒的に低いため、このような広告収益額になっています。

YouTubeの広告の仕組み

YouTubeの広告の仕組みをざっくり説明していきます。

YouTubeから広告収益は受け取る場合、YPP(YouTube Partner Program)というYouTubeが定めるコミュニティに参加しなければいけません。

YPPとは、Google AdSenseとYouTubeチャンネルを連携させて、広告収益の支払いなどを管理できるシステムです。

YPPの加入条件(収益化の条件)は

  • チャンネル登録者数1000人以上
  • 総再生時間4,000時間
  • 収益化ポリシーに違反していない

ことが条件になっています。

YouTubeから広告収益を受け取れる仕組みは、『広告収益のレベニューシェア』になります。

YouTubeは広告主から依頼された広告動画を適切なチャンネルに流すことで、広告主から報酬が発生します。

その発生した広告収益をYouTubeとクリエイターで分配しています。

ちなみに分配率は

  • YouTube:45%
  • クリエイター:55%

になっています。(ざっくり)

参考:公式YouTube で収益を得るには

広告収益の計算方法は

『広告表示回数/1,000✖️CPM✖️55%=クリエイターの取り分』

というふうになります。

もっと簡単にいえば、YouTubeの広告収益は、チャンネル登録者ではなく再生回数、広告単価(CPM)によって決まります。

YouTubeの単価に関係するものは具体的には下の記事でまとめています。

広告収益に関係するもの

  • 再生回数
  • 動画の長さ
  • ジャンル
  • 時期
  • 再生される国

YouTuberの難易度と割合。

今回はチャンネル登録者20万人の収益を公開してきました。

YouTubeのチャンネル登録者20万人は、全体のチャンネルの上位全体の上位0,4%以内には入るレベルです。

実は結構すごいことなんですね。

もちろん収益などはチャンネルのジャンルや投稿頻度によって変わってきます。

あくまで“目安“ですが、収益やチャンネルの割合、難易度をチャンネル登録者数ごとにまとめた記事を書きました。

チャンネル登録者1000人の難易度は?」

チャンネル登録者1万人の割合は?

チャンネル登録者5万人の収益は?

などをまとめています。

気になった人は下の記事を読んでみてください。

YouTubeでチャネンル登録者を増やすにはどうすればいいのか?

「YouTubeのチャンネル登録者を増やすにはどうすればいいのでしょうか?」

YouTubeで成功するためには、様々な工夫が必要になってきます。

適切なジャンル選び、shorts動画の活用、YouTubeデータの確認、、、

それらを分析しつつ、動画の改善を繰り返した人だけが、YouTubeで多くの視聴者、チャンネル登録者を獲得することができます。

特に私が現在『アツい』と思っているのがYouTube shortsです。

YouTube shortsは今現在、月間累計再生回数が300億回を超えていると言われています。

さらにショート動画の流れは、どんどん加速しています。

YouTube shortsの解説は下の記事で解説しています。

もし興味なる人は下の記事をチェックしてみましょう。

また、YouTube shorts以外にも『YouTube攻略』としてまとめた記事がこちらになります。

裏技級!海外視聴者を取り入れる方法。

私のチャンネルは、海外視聴者を取り入れることで成功したチャンネルです。

私が海外視聴者を取り入れるためにどうしてきたか?

どういう戦略を行ってきたかをまとめた記事を下のnote記事でまとめています。

もし興味のある人は、チェックしてみてください。

https://note.com/tsusshi_24/n/n19b5046fe4f4

終わりに

今回はチャンネル登録者が20万人を達成することができたので、記念に広告収益公開をして参りました。

案外、広告収益は少ないものですね。

もちろんYouTubeの広告収益手段は広告収益以外にもたくさんあります。

上手くマネタイズすることで少ないチャンネル登録者でも大きく稼ぐことも可能なんですね。

もちろん、YouTubeを行うジャンルによりますが、様々なことに挑戦して行きたいですね。

今回の記事を最後までみてくれてありがとうございます。

ぜひ参考になれば幸いです。

RELATED POST