YouTubeの話

YouTubeに必要なものランキングTOP10(初心者から収益化を目指す)

こんにちはつっしーです。

今回は“YouTubeに必要なものランキングTOP10“を紹介していきます。

通常10位から紹介すると思いますが、今回は趣向を変えて1位から紹介していきます。

このランキングの順位は、

  • 動画を作る上での必要度
  • YouTubeを伸ばす上での必要度
  • 個人的にこれは外せないものの必要度

を加味して作っています。

ぜひ1〜7位はYouTubeを撮影する上で必要なものでYouTubeで収益化を目指す上であったほうがいいものでまとめています。

ぜひ参考になれば幸いです。

本記事の内容

YouTubeに必要な物ランキングTOP10

1位:iPhone

第一位はiPhoneです。

iPhone一台で撮影、編集、動画投稿まで全て行うことができます。

YouTube studio等で投稿後の概要欄、タグ付、サムネイルまで編集することもできます。

最低iPhone一台あれば、YouTuberとてデビューすることが可能です。

「YouTubeに挑戦してみたい」

という人は、費用を先にかけるのではなく、とりあえず動画を投稿してみる事をおすすめしています。

2位:カメラ

スマホではどうしてもYouTubeの画質や撮影方法に限界があります。

例えば画質にこだわることで、より他のYouTuberと差別化も可能になってきます。

「画質に拘りたい、撮影方法に拘りたい」

という人は、高品質なカメラの購入を検討しても良いかもしれません。

カメラを選ぶときのポイントは『いかに自分の撮影方法や自分が求めているもの』に近いかどうかです。

カメラを選ぶときのポイント。

  • 画質
  • マイク性能
  • 撮影方法に合っているか?
  • 手ぶれ補正
  • 重さ

などです。

おすすめカメラ↓

一眼カメラ例※特に画質にこだわりたい方におすすめ。
FUJIFILM ミラーレスデジタルカメラ X-S10

ビデオカメラ例※軽量かつバッテリーの持ちが良いので、長時間の動画撮影に向いています。
SONY ビデオカメラ Handycam HDR-CX470

コンパクトカメラ例※シンプルかつ簡単な操作が可能!初心者におすすめ。
SONY Cyber-shot DSC-RX100M7

アクションカメラ例※Go Pro脳に体や自転車、バイクに装着可能なカメラ、屋外の撮影をしたいと言う人におすすめ。
GoPro HERO10 Black

3位:パソコン

動画編集は結構容量やパソコンのスペックが必要になってきます。

プロ級の動画編集を目指したい場合は必ず必要になってきます。

動画編集において、パソコンでチェックしておきたいことは、

  • CPU(処理能力の事、Corei5~9,Ryzen5~9はあった方がいい)
  • メモリ容量(16GB以上はあった方がいい)
  • ストレージ容量(最悪クラウドに保管できるが、大きい方が作業がよりスピーディになる)
  • 画面のサイズと解像度(人によってこれは変わる)

おすすめのパソコン

ヒューレット・パッカード(HP)Victus 16 67G74PA-AAAA

[ad]

4位:マイク

動画のクオリティを左右する最も重要な一つに『音質』が挙げられます。

  • 「声が聞き取りずらい」
  • 「ノイズ音がする」
  • 「騒音がうるさい」

など視聴者からしても、『音質』が悪いと視聴する際にとてもストレスがかかっています。

それが原因で動画を見るのを辞めてしまう場合もあり、それではかなり勿体無いです。

『音質』を上げるためには、カメラに内蔵されているマイクではなく、外付けにマイクを設置することをおすすめします。

マイクの種類

  • スタンドマイク
  • ピンマイク
  • ガンマイク
  • ヘッドセットマイク

などがあります。

マイクに関しては、下の記事で詳しくまとめました。

5位:動画編集ソフト

YouTubeにおいて、動画編集とは、カットやテロップを入れることを指します。

視聴者が動画を見やすく、面白いように演出することで、動画のクオリティーを上げることができます。

動画を撮影しそのまま投稿するのではなく、

スマホでおすすめ編集アプリ3選

iMovie-iPhone(もともとiPhoneに入っているアプリ、完全無料) 

Inshot(有料アプリ、SNSのコンテンツ製作に適していて、とても使い勝手いい。)

Power Director(感覚的な操作で編集可能!)  

どちらともApple Storeでダウンロード可能

PCで動画編集するなら、おすすめソフトは下の記事にまとめました。

6位:照明

照明は動画撮影でも重要なアイテムになります。

照明は、動画の明るさはもちろん、ムード、トーン、色合い、鮮明さなどを調整できます。

動画の見やすさなどにも直結するため、動画の明るさを照明で調整する必要があります。

私の場合は下のビデオライトを使っているので、リンクを貼っておきます。

7位:三脚、スタンド

第7位は三脚やスタンドです。

第7位ですが、周辺機材でもこれがないと撮影できない!という人もいるのではないでしょうか?

三脚は、カメラを安定させ、撮影の高さを調整できます。

もちろんなくても動画撮影はできますが、合った方が便利なので7位にさせていただきました。

もちろん撮影機材の三脚と言っても、用途に合わせて様々三脚があります。

実際に使っているおすすめのスタンド、三脚を下に乗せておきます。

オススメ三脚(小)

オススメ三脚(大)

オススメアームスタンド

オススメ自撮り棒

8位:動画編集スキル

8位は動画編集スキルです。

「“物“じゃないの?」

と言われれかもしれませんが、ここからはYouTubeでは合った方がスキル、サービス、サイトをご紹介していきます。

動画編集は動画編集ソフトの際に説明した通り、YouTubeではより重要な役割を果たします。

動画をより面白くしたり、見やすいように動画編集で工夫することができます。

動画編集を勉強することで、より動画をクオリティを上げることができます。

動画編集は専門的なスキルになるため、オンラインスクール等で学ぶことも検討してもいいかもしれません。

興味のある方は下の記事がおすすめです。

https://www.tsusshinofudeblog.com/video-creator-online-school/4011/

9位:データを見るツール

YouTubeでは、様々なツールでYouTubeデータを確認することができます。

動画のアナリティクスを確認することで、視聴者の反応やデータを分析することができます。

データ分析はとても重要で、サムネや動画の内容を左右します。

私が実際に使っているおすすめのツールと

入れておきたいおすすめYouTube分析ツール・アプリ・サイト

YouTube studio(絶対入れておきたいアプリ、投稿後の動画の編集やアナリティクスを確認できる)

VidIQ(YouTube分析ツール、YouTube動画の点数を分析できるツール)

YouTube Keyword Tool(YouTubeの検索人気ランキング、検索数がわかる)

YouTubeのデータではここを確認するべき!YouTubeを伸ばすために確認するべき指標とは?

気になった方は下の記事を参考にして見てください。

10位:SNS運用システム

最後に必要になってくるのが、『SNS運用ツール』です。

YouTubeでは、YouTube以外のSNSを活用することで新規の視聴者を取り入れることができます。

有名なSNS

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • TikTok
  • LINE

これらのSNSを活かして、投稿を続けることで相乗効果が生まれます。

ただ、これらのツール全てを運用していくには時間と手間がかかってしまいます。

そんな問題を解決してくれるのが『SNS運用ツール』です。

詳しくは下の記事でまとめたので、興味のある方は読んで見てください。

終わりに

今回は「YouTubeに必要なもの」を紹介してきました。

ランキングは主観でしたが、ぜひ参考になれば幸いです。

当ブログはYouTube、イラスト、ブログに関しての情報を常に発信しています。

よかったら他の記事も読んでみてください。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

https://youtube.com/c/tsushinofude-WhiteboardArt

RELATED POST