YouTubeの話

【すごい?】YouTubeチャンネル登録者3万人の収入。〜登録者を増やすコツ3選〜

「チャンネル登録者3万人ってどれくらいの収入があるの?」

今回はそんな疑問を解消していきます。

こんにちはつっしーです。

私現在チャネンル登録者3万人の「つっしーの筆」というYouTubeチャンネルを運営しています。

なので、今回は私のこのYouTubeチャンネルの収益を公開していきたいと思います。

収益がどれくらいなのか是非予想しながらみてください。

本記事の内容

  • チャネンル登録者3万人のつっしーの筆とは
  • チャンネル登録者3万人の収益公開
  • チャンネル登録者3万人までに効果があったコツ

になります。

是非あなたのYouTubeチャンネルの参考になれば幸いです。

チャンネル登録者3万人の「つっしーの筆」とは?

https://youtube.com/c/tsushinofude-WhiteboardArt

私運営しているYouTubeチャンネル『つっしーの筆』とは、趣味のイラストメイキングチャンネルにです。

好きなキャラのイラストを描いている姿を描く、いわゆるファンアートチャンネルです。

現在チャンネルを開設して、2年ほど経ちました。

始めて一年くらいで登録者が2,000人くらいで、チャンネルを収益化することに成功しました。

その後YouTube shortsをメインに動画投稿を継続して、登録者数を3万人以上に増やすまでとなりました。

チャンネル登録者3万人は月にどれくらいの収入があるの?

→結論:月10万円くらいです。

これはこのチャンネルの最高額になります。

今までは5万円前後だったのですが、3万人を超えて収益が少しずつ増えてきました。

ちなみに、この金額はYouTubeの広告収入とYouTube shortsファンドを足した額になります。

YouTube shortsファンドでもらえる金額は月によって大きく変動するので、この10万弱というのは結構あやふやな数字になってしまっています。

広告収益に関しては、月に7万〜8万ぐらいが最近の平均になっています。

〜内訳〜

広告収益:7万〜8万くらい

YouTube shortsファンド:1万〜3万くらい

多い?少ない?

少なくとも生活できるレベルではありませんね。

YouTubeの広告収益は再生回数による。

YouTubeのチャンネル登録者数はあくまで“目安“にしかなり得ません。

広告収益は、チャンネル登録者数ではなくそのチャンネルの総再生回数と広告単価によって大きく変わってきます。

YouTubeの広告収益は、その動画に広告を貼り、その広告が見られた回数によって収益が変わります。

なので、いくらチャンネル登録者数が多いと言っても、動画が見られなければ広告収益は発生しません

ただ、もちろんチャンネル登録者数多いということは、あなた自身にその分ファンがいるということになります。

つまり、ある程度チャネンル登録者数と再生回数には相関性があると考えられます。

YouTubeのチャンネル登録者数と収益にの関係性を下の記事わかりやすくまとめてみたので興味のある人は見てみてください。

YouTubeのチャンネル登録者と月収の“収益早見表“を作ってみた。

広告収入以外でYouTubeを使って稼ぐ方法。

YouTubeをやっていて思うのが、“広告収益“だけに依存するのは危険だということです。

時期や再生回数によって、大きく変動しますし、そもそもYouTubeさんの気分次第で収益化が停止される場合もあるわけです。

そんな時、YouTubeを活用して、広告収益以外のマネタイズも知っておく必要があると思います。

YouTubeでマネタイズ方法は様々あり、

  • スーパーサンクス
  • スーパーチャット
  • 自身のコンテンツ販売する
  • メンバーシップ制度の活用
  • ショートファンド
  • YouTubeアフィリエイト

などがあります。詳しくは下の記事にまとめたので、興味のある人は見てみてください。

おすすめ記事↓

YouTubeを使ってお金を稼ぐ方法6選

チャンネル登録者を増やそうとして、効果があったこと3選。

①YouTube shortsの活用。

私が最もチャンネル登録者を伸ばすのに、役に立った方法がこの“ショート動画の活用“になります。

YouTube shorts(ショート動画)とは、60秒以内の縦型の動画になります。

現在はショートフィードと呼ばれるYouTube内のショート動画専用の場所で再生されることが最も多いです。

今はショート動画最も熱いコンテンツです。

短い動画の分、全体の再生回数は通常の動画と比べてもとても高い傾向があります。

現在全体のショート動画の月間総再生回数は、約300億回以上と言われています。

なのに、まだまだ伸びている市場です。

私の場合でも、ショート動画を取り入れる前は1年間チャンネルを運営してチャンネル登録者3,000人くらいでしたが、ショート動画を取り入れて3ヶ月程度でチャンネル登録者1万人を超えることができました。

おすすめ参考記事↓

【簡単】YouTube Shortsは収益化の条件に関係ない?収益化条件を解説してみた。

【YouTube】ショートフィードに乗るには?ショート動画でバズるコツ!

②検索流入を意識したこと。

YouTubeにおいて、あなたの動画は以下の方法でユーザーから視聴されるようになっています。

  • おすすめ機能
  • 関連動画
  • YouTube検索機能
  • 外部からの再生

YouTubeで最も再生回数を増やすために重要は、YouTubeのおすすめ機能関連動画だと言われます。

投稿直後と数日後、数週間後、数ヶ月後と一定の期間が経つといきなり動画の再生回数が爆発的に上げる瞬間があります。

それはYouTubeが多くのユーザーのYouTubeホーム画面のおすすめに表示させたから起こる現象です。

このおすすめ機能は完全にYouTube依存になり、再生回数の上がり下がりが激しい場合が多いです。

一方で検索機能を意識した動画を作成すると、初めこそそこまで伸びませんが、長期的な再生回数を得ることを狙うことができます。

動画の寿命を伸ばすことができるので、より資産性の高い動画を残すことができます。

YouTube検索は

  • ハウツー動画を作る
  • タイトル・タグなどに検索ワードを含める
  • YouTubeの検索ワード数を調べる

などの対策で改善することができます。

YouTubeの検索ワード数やあなたの動画がどれくらい検索上位なのかを調べるには、YouTube公認サイト・アプリのvidIQなどを使うと便利です。

詳しくは下の記事を参考にしてみてください。

【初心者向け】YouTubeにおすすめ運用ツール・サイト・アプリ10選【無料・有料】

③トレンドを意識したこと。

「どんな動画が流行っているのか?」

トレンドを意識した動画を作成することも再生回数を増やすことに繋がります。

私の場合は、その都度流行っているアニメなどを意識して動画を作成することで通常よりも再生回数が取れることを実感しています。

もちろん、動画のジャンルによってはトレンドを取り入れづらいということもあるかもしれません。

しかし、その時ユーザーの関心が高い動画を作成することで、より幅広く新しい視聴者を取り入れることができます。

まとめ。

今回は

YouTubeチャンネル登録者3万人の収入

というテーマで、僕自身のYouTubeチャンネルの収益を発表していきました。

あとついでに、3万人までにどうやって登録者を伸ばしてきたのかをまとめました

是非参考になれば幸いです。

RELATED POST