YouTubeの話

YouTubeチャンネル登録者1万人って凄いの?1年間で達成した方法と収益の話。

YouTubeチャンネル登録者1万人って毎月どれくらい稼いでいるの?
てか、そもそも1万人って凄いのか?
見ているチャンネルって数十万人の登録者がいるのが当たり前だけからわからん。
どれくらい凄いのか知りたいな!あと、どうやって登録者をどうやって増やして
いるのかも知りたい。

そんな疑問にお答えします。

こんにちはつっしーです。

今回は私のYouTubeチャンネルの登録者数や収益について自らの経験をもとに少しだけお話しします。チャンネル登録者数1万人というのは、実は全YouTubeチャンネルの中でも上位に入る割合です。

その為、結構需要がありそうだったので、書いてみることにしました。

ぜひ興味のある人は見てみてください。

私がチャンネル登録者1万人を達成したチャネンル※2022年8月時点:登録者3万4千人

https://youtube.com/c/tsushinofude-WhiteboardArt

YouTubeのチャンネル登録者とは

YouTubeという動画プラットフォームに自作の動画を投稿し、広告収益を稼ぐ人たちのことを『YouTuber』と言います。

YouTubeでは、そのYouTuberが投稿した動画をいつでもどこでも視聴することができます。

気に入った『YouTuber』のチャンネルを自身のアカウントに登録することで、

  • 登録したYouTuberの動画おすすめに表示される確率が上がる。
  • 『登録チャンネル』でみることができる。
  • 最新の動画が投稿された場合、通知を受け取ることができる。

参考:YouTubeヘルプ:最新のチャンネル登録者を確認する。

チャンネル登録者1万人のつっしーの筆とは?

私のYouTubeチャンネル『つっしーの筆』とは一体どういったチャンネルなのでしょうか?

そもそも趣味で始めたチャンネルで、好きなイラストを描いています。

チャンネル登録者1万は大体約1年半くらいで達成することができました。(現在3年目に突入:2022年8月時点登録者3万4千人)

基本的に毎日投稿をしています。

YouTubeチャンネル1万人ってすごいの?

YouTubeのチャンネル登録者1万って凄いのでしょうか?

以前YouTubeのチャンネル登録者ごとの割合と収益をまとめた記事がありますので、具体的に知りたい人はそちらをご覧ください。

ただ、ここでは簡単に要略すると

ビギナー:500人未満:全体の約50%

脱ビギナー:500人〜:全体の約35%

ノービス:1000人〜:上位15%

アマチュア:5000人〜:上位5%

トップアマ:一万人〜:上位3%

エキスパート:5万人〜:上位1%

プロ:10万人〜:上位0,4%

トッププロ:50万人〜:上位0,05%

神:100万人〜:上位0,02%

登録者数でわかるYouTube一番付!あなたのチャンネルはどのレベル?〜全体の割合もわかります〜

この表だけ見ると、チャンネル登録者は全体の僅か1%しかいないことになります。

私がチャンネル登録者1万人を達成した方法。

私がYouTubeチャンネルを達成したのは、YouTubeを本格的に始めて約1年半ほどが経ったときでした。

1年ぐらい経ってチャンネル登録者が3千人くらいの時に収益化に成功し、その半年後に動画がバズりチャンネル登録者が1万人まで伸ばすことができました。

私がチャンネル登録者1万人を達成した方法は、

動画を大量に投稿し、データを分析し、改善を繰り返す

ことと

YouTube shortsの活用

の2点です。

YouTubeでは、どれだけ時間をかけた動画であったとしても、YouTubeからおすすめに表示してもらわないと再生回数は見込めません。

YouTube様はとても気まぐれなので、常におすすめ表示は変わりますし、検索上位も変動していきます。

場合によっては全く動画がおすすめに表示されない時があります。

動画を大量に投稿し、データを分析し、改善を繰り返す

YouTubeは『YouTube studio』で動画のデータを確認することが簡単にできます。

YouTubeでは明らかに“あるデータ“がいいと優遇されるようになっています。

簡単にいうと、

  • インプレッションクリック率
  • 平均視聴時間
  • チャンネル登録者の増加率

などです。

これらをデータを確認し、動画の改善し続けました。

もっと知りたい人は下の記事でまとめています。

YouTube shortsの活用

私のYouTubeチャンネルを成長させることができたもう一つの要素は、YouTube shortsです。

YouTube shortsは現在1ヶ月に約300億回以上も再生され、今でも急成長している分野です。

乗るしかない、、、このビックウェーブに、、」

ということで始めたYouTube shortsでチャンネル登録者を爆増させることができました。

YouTube shortsに関しては、下の記事にまとめています。

結局のところ稼げるの?稼げないの?具体的な金額は?

YouTubeでお金も稼げるなんで夢のようですが、YouTubeって結局稼げるのでしょうか?

自分で言っておいて申し訳ないのですが、それは人によると思います。

はっきりいって人によって同じチャンネル登録者でも収益は全然違ってきます。

人による要素が多すぎて、結局は“参考まで“にしかなりません。

ただ、これで私の収益を言わないのは違うと思います。

私がYouTubeチャンネル1万人を達成した翌月の広告収益は

4〜5万円

でした。

私のようにチャネンル登録者1万人で収益が5万円のチャンネルもあれば、10万〜20万円の広告収益をもらっているYouTubeチャンネルもあります。

これはチャンネル登録者が多ければ多いほどズレが生じる傾向があります。

私のチャンネル登録者1万人収益に関してはもっと詳しくしたの記事でまとめています。

【これだけ?】登録者1万人のYouTuberの収入。

YouTubeチャンネル登録者1万人を達成してよかったこと。

個人的にYouTubeを始めてよかったことをまとめます。

1、動画は残り続け、収益を生み出してくれる。

憧れの不労所得!

とまではさすがにいきませんが、YouTubeはストック型ビジネスです。

動画は残り続け、上手くいけば1年前、2年前に投稿した動画でさえ、毎月収益を生み出してくれます。

完全な不労所得ではありませんが、積み上げていけるビジネスなので、「前に進んでいる」実感があります。

2、好きなことでお金を稼げる実感がある。

YouTubeは大変なことはありますが、基本的には“好きなこと“をお金にすることができます。

普通にサラリーマンで働いていた時には、なかなか味わえない感覚です。

自分の力で稼ぐことは『自己肯定感』にもつながります。

3、感謝の言葉をもらえる。

これも『やりがい』や『自己肯定感』に繋がる話ですが、YouTubeではお礼のコメントなどをもらえる時があります。

そういった他人から賞賛のコメントや感謝の気持ちをコメントでもらえるととても嬉しいものです。

[ad]

まとめ

YouTubeを始めた人からするとチャンネル登録者数1万人までの道のりは遠いかもしれません。

しかし、辞めずに気長に続けていけば、必ず辿り着けます。

YouTubeのチャンネル登録者数は、減るスピードより増えるスピードの方が圧倒的に早いです。

1日あたり28人チャンネル登録者が増えると1年で達成できます。

ただ、世の中には様々なYouTube攻略方法がピックアップされています。

私自身は、

  • タイトル
  • サムネイル
  • 何より辞めない

のこの3つが重要だと思っています。

動画をクリックしてくれるかどうかはほぼ9割がサムネイルで決定します。

他にも動画の内容だったり、きちんと視聴者のニーズに応えられているかとかの必要な要素はあると思いますが、タイトルとサムネイルが1番大事なのは、全YouTuberが同意してくれると思います。

ただ、それだけで簡単にYouTubeを攻略できるわけではありません。

YouTubeで『こうすれば絶対再生される』という100%の正解はありません。

それでも焦らさずに毎日、継続してYouTube投稿を続けていけば確実に結果はついてきます。

ぜひ一緒にYouTube投稿を頑張っていきましょう。

RELATED POST