YouTubeの話

【最新】YouTube shortsが収益化される件について条件や時期などを徹底解説。

先日YouTubeからこのようなお知らせが私の元に届きました。

みなさん待ちに待ったYouTube shortsが収益化されるニュースです。

今現在YouTube shortsは1日に300億回以上再生されているYouTubeにとってもビックコンテンツになりました。

以前からYouTube側から『ショート動画の収益化』をする発言されてきましたが、とうとう来たって感じですね。

今回はYouTube shortsが収益化される件についてまとめていきたいと思います。

※今回はYouTube公式ホームページ、YouTube公式チャンネル、YouTube公式Twitterのデータを参考にしています。

先日TwitterされたYouTube公式Twitter↓↓

どうやってYouTube shortsで広告収益を受け取れるようになるのか?

以前YouTube shortsファンドはほぼ全てのクリエイターを対象としていましたが、今回のあくまでYPP(YouTube Partner Program)のアップデートの中にショート動画の収益化が含まれる形になりました。

つまり、YouTube shortsで広告収益を受け取りたい場合は、YPPに加入していることが条件となっています。

アイコン名を入力

え、じゃあ結局ショート動画だけ投稿してたら、収益化はできないってこと?

と思った方は安心してください!

なんとYPP(YouTube Partner Program)の加入条件2023年から変更になります。

今までは

  • チャンネル登録者1,000人以上。
  • 総再生時間4,000時間以上。
  • YouTubeが定めるコミュニティガイドラインに遵守していること。(明確な違反がないこと)

変更後

  • チャンネル登録者1,000人以上。
  • 総再生時間4,000時間以上 or 過去90日間のショート動画が1000万回以上。
  • YouTubeが定めるコミュニティガイドラインに遵守していること。(明確な違反がないこと)

つまりこれは今までショート動画だけでは総再生時間4,000時間に含まれないため、収益化がとても困難でした。

しかし、今後は『ショート動画』のみを投稿し続けていてもYouTubeでは収益化の対象になることができます。

今回参考にした記事:YouTube公式ヘルプ

YouTube shortsはいつから収益化されるのか?

YouTube shortsはいつから収益化されるのか?

いつからショート動画が収益化されうのかははっきりとした日時は明らかになっていません。

しかし、2023年の早い段階でYPPのアップデートは予定されているようです。

お知らせによると、より詳しい詳細については、今後数ヶ月以内に来るようです。

なので、更新後随時この記事に付け加えていきますので、是非チェックして見てください。

YouTube shortsでどれくらい収益を得られるのか?

「YouTube shortsはどれくらい稼げるのか?」

やはり1番気になるところですね。

YouTube shortsの収益モデルは以下のとおりです。

  • ショート動画とショート動画の間に広告が流れる。
  • 全ての広告収益が合算される。
  • ショート動画の再生回数により、個人に割り当てられる。
  • クリエイターの分配率は45%。

広告以外の収益手段

YouTube shortsでお金を稼ぐ手段は広告以外では『ショート動画用スーパーサンクス』が導入されるようです。

つまり、投稿された動画に対して、クリエイターは視聴者からいわゆる投げ銭という形で収益を得ることができます。

クリエイターミュージック

YouTube musicライブラリを使って15秒間限定ではありましたが、ショート動画に音楽を付け加えることが出来ました。

今までは音楽を使用すると広告収益の対象になりませんでしたが、今後のアップデートではYouTubeの音楽を使用していても、『その音楽のライセンスを購入すること』でショート動画は収益を維持することができるようになります。

つまり、人気の楽曲を使用して、広告収益が対象となるショート動画を作成できるようになります。

おそらくですが、今までは15秒限定でYouTubeに登録されている音楽を使用してきましたが、ライセンスを購入することによって60秒以内までならその音楽を使えることが予想されます。(ここはまだ定かではない)

また、ライセンスを購入しない場合でも一定割合をアーティスト(権利者)と分配することで、ショート動画から収益を受け取ることができます。

まとめるとこんな感じ↓↓

まとめ

今回のまとめです。

  • 2023年にYouTube shortsが収益化される
  • 収益化条件もショートクリエイターように『3ヶ月で1000万回ショート動画が再生されたら収益化の対象になるようになる
  • ただチャネンル登録者1,000人は必要。
  • クリエイターの分配率は45%
  • 音楽ライセンスを購入することができるようになる。(購入したら45%そのままもらえて、購入しなかったらアーティストと分配)
  • より詳細は来年になる。

とこんな感じにあります。

言ってもあと数ヶ月でショート動画がアップデートされます。

今後の予想

冒頭でも述べたとおり、ショート動画は毎日300億回以上再生されているYouTubeにおいてもビックコンテンツの一つとなりました。

おそらく今回のアップデートを受けてよりショート動画の活発化が予想されます。

具体的には

  • すでに人気のYouTuberの参入。
  • 人気ティックトッカーの本格参入。
  • ショート動画で新しく人気になるクリエイターが出てくる。

などです。

正直今からでもYouTubeショート動画に参入しておくべきだと思います。

どうすればショート動画をを伸ばすことができるのか?

YouTube shortsで再生されるためには、ショートフィードでバズらなければいけません。

では一体どうやってショートフィードで再生されるようになるのでしょうか?

実はショートフィードで再生されるようになるにはいくつかのYouTube上で改善するべきコツがあります。

詳しくは下の記事を参考にして見てください。

今回の記事を最後まで見てくれてありがとうございます。

YouTubeについての最新情報やノウハウは随時更新していますので、ぜひ他の記事も併せて読んでみてください。

RELATED POST