YouTube shorts

【バズる】YouTube shortsの作り方やコツまとめ。

「YouTube shortsってやるべきなの?」

「ショート動画の作り方を知りたい」

「収益化はできるの?」

当記事はYouTube shortsについてまとめた記事になります。

YouTubeチャンネル3万6千人の【つっしーの筆】を運営しています。

https://youtube.com/c/tsushinofude-WhiteboardArt

YouTube shortsとは?やるべき?やならないべき?

「そもそもYouTube shortsってやるべきなの?」

結論ほとんどの人はやってみるべき。

「ショート動画をやるべきか迷っている」

という人は多いです。

ショート動画はYouTubeのコンテンツの中でも最も新しい分野の一つです。

自身のチャンネルに何かしらの悪影響が出てしまうのではないかと思う人も多いと思います。

私はチャンネル登録者3,000人までは通常の動画を投稿していましたが、ショート動画を投稿してからチャネンル登録者が10倍に増えました。

もちろんそれに伴ってデメリットを感じたこともあります。

下の記事は『ショート動画を200本以上投稿して分かったこと』をまとめた記事になります。

YouTube shortsの収益化条件!!

「YouTubeって稼げるの?」

結論今現在では稼げないが、今後稼げる可能性が高い。

今現在ではYouTube shortsだけではチャンネルを収益化することができません。

しかし、2023年の早い時期にはすでに『shortsクリエイター』でもYouTubeで収益化できるようになります。

『今までのYouTube shortsの収益化について』と『これからの収益化』について下の記事で解説しています。

YouTube shortsの簡単作り方!!

実際にスマホアプリを使ってショート動画の作り方を解説してみました。

ぜひ参考にしてみてください。

YouTube shortsを伸ばすコツ

YouTube shortsを伸ばすにはどうすればいいの?

結論ショートフィードでバズるしかない。

ショートフィードとは、ショート動画専用のYouTube内の動画再生フィールドです。

通常の動画と違い、縦にスライドすることでショート動画が次から次へと再生されるようになります。

これは通常の動画とは大きく変わり、『動画を選択する』行為から『見る見ないを選択する』行為に大きく変わります。

つまり、ショートフィードでバズるには通常の動画とは全く違う戦略を取る必要があります。

また、YouTube shortsの再生回数を増やしたいのであれば、このショートフィードでおすすめに乗るしかありません。

仕方記事はショートフィードでバズることをまとめました。

YouTube shorts大切な“時間“について

「ショート動画は何時に、どれくらい長さで投稿すればいいの?」

結論視聴者が最も多い時間帯に15秒程度で

下の記事は、ショート動画で気をつけるべき“時間“についてまとめた記事です。

例えば、何時にいつ、どれくらいの頻度で、どれくらいの長さでなどの“ベスト“もしくは“ベター“な時間をまとめました。

ショート動画が月に810万回以上再生された話

「ショート動画でめちゃくちゃ再生されたらどうなるの?」

結論:チャンネル登録者が爆増し、ショートファンド(約4万円)がもらえる。

私の今までの最高は月に810万回以上されたことです。(ショート動画のみ)

下の記事はその時の以下の数字を全て公開しています。

  • どれくらいチャンネル登録者が増えたか?
  • どういった動画が1番再生されたか?
  • どれくらいのショートファンドをもらえたのか?
  • 1ヶ月にどれくらい動画を投稿しているのか?

です。

これは私の経験談ですので、興味のある人はぜひ見て見てください。

YouTube shortsのサムネイルについて

「YouTube shortsのサムネイルって変更できないの」

そんな質問を良くいただきます。

結論:できる部分とできない部分があります。

おそらく1番変えたい縦型のサムネイル変更は残念ですが変更できません。

詳しくは下の記事はショート動画のサムネイルについて解説した記事になりますので、参考人してみてください。

広告収益以外でもYouTube shortsを使って稼ぐ方法

「ショート動画で収益手段ってないの?」

結論:アフィリエイトを使えば結構稼げる場合がある。

あなたのチャンネルやジャンルによりますが、YouTubeアフィリエイトを活用すれば、ショート動画で稼げるようなる場合があります。

ショート動画でチャネンル登録者を増やすことができれば、“コミュニティ投稿“で多くの人にリーチすることができます。

そのコミュニティ投稿を活用して実際に稼いでいるケースもあります。

興味のある人は下の記事をご覧ください。

RELATED POST