YouTubeの話

【それ損してます】YouTubeでこれをやっていると収益が下がる!!RPMを改善する為に絶対やるべき方法3選。

「YouTubeの広告単価が低すぎる!」

という方に朗報です。

実は私もYouTubeの広告単価が低すぎて困っているYouTuberの1人になります。

今回はYouTubeの収益を上げるためについやってしまいがちなこと、もしくはやるべきことまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

YouTubeの広告単価ってどうやってきまるの?

まず初めに動画の広告単価はチャンネルや動画によって一つ一つ違います。

高いものもあれば低いもののあり、チャンネルにも違いますし、同じチャンネルでも動画によって変わってきます。

ではどうやってそれらが決まるのでしょうか?

YouTubeの広告単価は様々な要素で決定します。

それは大きく分けて3つで

『動画の質』

『チャンネル全体の評価』

『設定方法』

になります。

動画の質とは具体的に

  • 動画のジャンル
  • 動画の長さ
  • 平均視聴時間

になります。

これらは一般的によく言われている事ですが、例えば『動画のジャンル』であれば、ビジネス系などが高いと言われてます。

それらが高い理由としては、エンタメ系など広告を見る学生よりも、年齢層の高い社会人の方が購買能力の高いからになります。

動画の長さや平均視聴時間に関しては、より広告の表示される回数が多いと理由になります。

もちろんの動画の内容を改善し、できるだけ視聴者に動画を長くみてもらえるようになるのが一番かもしれませんが、すでにやっているジャンル等では難しい場合があります。

そのため今回は『チャンネルの評価を上げる方法』と『RPMを上げる設定方法』ついて詳しく説明していきます。

①インタレストベース広告を無効にしてる。

通常であれば、この「インタレストベース広告を無効にする」という項目にチャックがついていない事が通常になります。

画像にあるように、視聴者に対して適した動画広告が表示されなくなる可能性があるため、もしチェックがついていると広告単価が大幅に下がってしまう可能性があります。

なので、異常にあなたの広告単価が低い場合は、この項目にチェックが入っている場合があります。

確認方法は

自身のYouTubeスタジオを開く(PC版のみ)

設定マークを開く

チャンネル

詳細設定

になります。

②YouTube動画自己判断プログラムを利用する。

皆さんは動画に広告をつける際には、PCとスマホどちらからつけていますか?

通常PC版から広告をオンにすると自動的に自己判断プログラムで広告に適した動画かどうかを自己判断する項目が表示されます。

しかし、スマホやタブレットから広告をオンにする場合、そういった項目を無視する事ができるのを知っていましたか?

実は私は普段からiPadから動画を投稿していることもあり、動画をつける際にはスマホの『YouTube studioアプリ』から広告をつけていました。

そうすると『YouTube動画の自己判断プログラム』をせずにYouTubeのAI(もしくは人間)だけの判断で動画に広告をつけることになります。

「これの何が悪いの?」

「自己判断プログラムしないとチャンネルによくないの」

と思われるかもしれませんが、結論から言って、このYouTube動画の自己判断プログラムをやらないと損をしてしまう可能性があります。

YouTube動画の自己判断プログラムをやることのメリットとして、

  • 広告単価の上昇
  • 広告単価の増加のスピードが上がる。

冒頭に述べた通り、動画の広告単価は『チャンネルの信頼度によって』も左右される必要があります。

その為、自己判断プログラムに参加しておくことでチャンネルの信頼度を上げる事ができます。

YouTube公式も自己判断プログラムに参加することで、「広告単価の上昇のスピードがUPする」と述べています。

実は私はこの「自己判断プログラム」に参加せずに今まで動画を投稿してきたのですが、このプログラムに参加した時から少しずつ広告の増加が見られるようになりました。

参照“YouTube 動画自己診断プログラムの概要

広告を動画につける際は、ぜひPC版の方から広告をつけるようにして、この『自己判断プログラム』に参加してみてください。

やり方としては、PC版の方からチャンネル広告をオンにするだけになります。

③チャンネルに悪影響を与えている動画を削除する

苦労して作った動画を削除するのは、本当に辛いことになります。

しかし、あなたのチャンネルに悪影響を与えている動画であれば削除することをおすすめします。

これは広告単価だけでなく、再生回数やチャンネル登録者の増加にもつながる可能性があります。

チャンネルに悪影響を与えている動画とは

  • YouTubeの制限モードに引っ掛かっている
  • 再生回数が著しく低い
  • チャンネル登録者の減少率が高い

などが挙げられてます。

通常の動画とは違い、例えば少し大人向けの動画を投稿した際に、YouTube側がその動画を不適切だと判断した場合、チャンネル全体に悪影響を与える場合があります。

また、先ほどの解説した「自己判断プログラム」と相違のある動画も削除することをおすすめします。

そういった動画は広告がそもそもつかない上に、残しておくとチャンネルに悪影響を与えてしまう場合があります。

終わりに

今回は「YouTubeのRPM」について話していきました。

あなたの参考になったら嬉しいです。

当ブログは私が実際に実践してきたことを中心にYouTube、ブログ、イラストに関しての情報を発信していきます。

また、趣味でYouTubeを運営しています。

頑張って毎日投稿しているので、もしよかったらチャンネル登録だけお願いします。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

https://youtube.com/c/tsushinofude-WhiteboardArt

RELATED POST