YouTubeの話

【オワコン?】伸びないYouTubeの立て直す方法。

一度はメチャクチャ再生されていたのに、最近は動画をアップロードしても全く動画が再生されなくなった。YouTubeチャンネルを立て直すコツを知りたい。

今回はそんな疑問に答えて行きたいと思います。

こんにちはつっしーです。

YouTubeで毎日投稿しているけど、どんどん再生回数が悪くなるなんてことはありますよね。

記事はそんな伸びなくなったYouTubeチャンネルを立て直す方法・コツを5つにまとめて紹介していきます。

ぜひあなたのYouTubeチャネンルの役に立てば幸いです。

当記事の内容。

  • 知っておきたいYouTubeの話。
  • 伸びないチャンネルになった時にできること5選。
  • 新規のチャンネルに立て直すのもあり。

当記事の信頼性。

私は現在YouTubeチャンネル3万5千人のYouTubeチャンネル「つっしーの筆」を運営しています。

https://youtube.com/c/tsushinofude-WhiteboardArt

まず初めに伝えておきたいYouTubeの話。

YouTubeでは必ず波があるという話。

まず初めに行っておきたいことが、YouTubeは常に右肩上がりで成長するわけではありません。

常に再生回数が取れているYouTubeチャンネルだったとしても、アナリティクスを確認すると階段のようなグラフで成長しているのがわかります。

これはYouTubeの性質上、おすすめに表示された回数によって動画が伸びる傾向があるからです。

YouTubeでの伸びるデータを知りたいという方は下の記事を読んでみてください。

YouTube動画の伸びる動画と伸びない動画の違い(データ込み)

動画が再生されなくなった時に確認しておきたい確認したいデータ。

動画が再生されなくなった主な理由は、あなたのチャンネルがYouTubeから評価されていないからになります。

「動画を投稿しても視聴されない」「すぐに動画から離脱される」などそういったことが積み重なるとあなたのYouTubeチャンネルの評価は下がっていきます。

YouTubeでは明確に確認しておくべきデータ、改善しなければいけないデータがあります。

インプレッションのクリック率

インプレッションとは、あなたの動画がどれだけ視聴者に表示されたかを表す数になります。

そしてクリック率とは、表示された動画に対して、何%の人が動画をタップし視聴したかを表すデータです。

インプレッションのクリック率が高ければ高いほど、あなたの動画が評価され、再生回数が上がっていきます。

クリック率の平均は4%〜6%と呼ばれており、10%前後の数字になればかなりその動画のクリック率は素晴らしいです。

「クリック率を上げるにはどうすればいいのか?」

これに関して最も効率的なのが『サムネイル』と『タイトル』の変更です。

イメージするなら商品のパッケージを変えることで、それをみた視聴者に対して興味度を上げることができます。

印象が強いサムネや視聴者が気になるようなタイトルに工夫することで、クリック率の改善に繋がります。

平均視聴維持率

次に大切なのは、動画の平均視聴維持率になります。

つまり、あなたの動画がどれだけ長い時間視聴されたかを表す指標です。

YouTubeから評価される動画=長く視聴者を引き止められる動画』です。

平均視聴維持率を改善することで、再生回数や総再生時間に影響し、広告単価の上昇にも繋がります。

平均視聴率は動画の長さによりますが、維持率が40%前後もあればそこそこいい方になります。

「平均視聴維持率を上げるにはどうすればいいのか?」

平均視聴維持率を上げるために必要なことは

  • 動画の内容の改善。
  • 動画編集でよりよく見やすくする。
  • 企画の改良。
  • ダラダラとした動画にしない
  • 動画構成の改善。

などになります。

自分の中で投稿してきた中で最も“視聴維持率“が良い動画を分析し、企画や内容を変えて同じような感じで動画を作ってみるのもとても効果的なやり方です。

伸びないチャンネルになった時にできること6選。

データを見直し動画を改善する。

先ほど紹介したデータを見直し、動画を改善していきましょう。

YouTubeのアナリティクスを分析し、自身の動画のどこが悪いのかを改善することが1番YouTubeチャンネルを立て直す上で重要なことです。

しかし、案外これは難しい場合があります。

どこが悪いのかは、他人に見て貰って指摘してくれれば結構簡単にわかったりするのですが、自分で気づくのは案外大変です。

もしくは、悪いとは思っていてもそれがどれくらい自身のYouTubeチャンネルに影響を与えているのかがわからない場合も多いです。

そこでおすすめなのが、YouTubeの分析ツールを活用することです。

有能かつ無料の分析ツールはいくつかあるので、興味のある方は下の記事を読んでみてください。

【初心者向け】YouTubeにおすすめの運用ツール・サイト10選

伸びていない動画を削除する。

伸びていない動画を削除するのも大切です。

せっかく最新の動画が良かったとしても、それをみた視聴者が過去の悪い動画を見てしまうと全体のデータとして悪くなってしまいます。

つまり、継続的にあなたのYouTubeチャンネルファンにしていかなければいけません。

そのためにも、過去の悪い動画や伸びていない動画を削除することが必要になってきます。

チャンネルをリニューアルする。

チャンネル名』や『アイコン』などを新しく変更して、YouTubeのチャンネルのリニューアルを図ることも効果的です。

わかりやすいチャンネル名は、検索する時にわかりやすいですし、アイコンを変えることで視聴者の印象を変えることもできます。

おすすめは「どういった動画を投稿しているのか」かがわかりやすいチャンネル名やアイコンにすることです。

投稿内容とジャンルを絞る。

基本的にYouTubeでは、何かしらに特化しているチャンネル・動画が伸びやすい傾向があります。

すでに知名度がある有名人であれば別ですが、一般人が特徴がない動画やみんながやっていることを動画にしてもほとんど見られることがありません。

まず、今まで投稿した動画のジャンル・内容がバラバラであれば、1つもしくは2つにYouTubeテーマを絞りましょう。

テーマ・ジャンルを絞ることで、一定の視聴者を獲得できる確率が上がります。

ペルソナ設定をする。

ペルソナとはマーケティングで使われる用語の一つで、「商品やサービスに設定するユーザー像」のことを指します。

どういった視聴者にどういったニーズを届けたいのかを今一度考えてみましょう。

ただ単に自分が作りたい動画を作るのではなく、「この動画はどういった視聴者がどういった目的で見たいのか」を考えることが大切です。

ポイント:あなたの動画はどういった人が見るのかを考える。

チャンネルの見た目。

動画一つ一つのサムネイルも大切ですが、チャンネル全体をみた時の統一性を持たせるようにしましょう。

チャンネルページをみた時に動画の見た目がバラバラだと視聴者は他の動画を見ようとはしません。

サムネイルの見せ方や色を統一することで、チャンネル全体の見た目を改善することができます。

YouTube shortsを活用する。

通常動画だけでなく、ショート動画を使うこともYouTubeチャンネル登録者を増やすことができる一つの手段になり得ます。

YouTube shortsは今現在で月間300億回以上再生されているビックコンテンツの一つです。

ショート動画を活用して数万、数十万と一気にチャンネル登録者を増やすことができたYouTuberも多く存在します。

私自身もショート動画を活用して、ここまでチャンネル登録者を増やすことができました。

ショート動画は

  • 再生されやすい
  • 多くの人に認知されやすい
  • チャンネル登録者を増やしやし

というメリットがあります。

ショート動画に関しては下の記事で解説していますので、興味のある人は見てみてください。

合わせて読みたい記事

YouTube shortsは収益化の条件に関係ない?収益条件を解説してみた。

・【YouTube】ショートフィードに乗るには?ショート動画でバズるコツ!

思い切って新規のチャンネルを立ち上げるのもあり!

最後に、これまではYouTubeチャンネルの立て直し方というテーマで話していきましたが、思い切って新しいYouTubeチャンネルを立て直すもの一つの手です。

今まで数十本投稿しても動画が伸びないのであれば、YouTubeから「この動画はおすすめに出しても再生されない」と悪いデータが溜まっていってしまいます。

そうなると最新でいい動画を投稿しても、過去の悪いデータが足を引っ張って最新の動画も再生されなくなっていまします。

逆に新規のチャンネルであれば、初めはYouTubeから優遇されやすく、再生回数が回りやすいです。

チャンネルを立て直すよりも新規でチャンネルを立て直したほうが早い場合もあります。

せっかく作ったチャンネル・動画を削除したくない

という気持ちもわかりますが、今まで頑張ってきたことは決して無駄にはなりません。

絶対次のチャンネルに活かすことができます。

私の相談者の中には、チャンネルを作り直してもともとあったチャンネル登録者を2ヶ月で超えることができたなんていう人もいます。

もしどんな動画も伸びなくなってしまったのであれば、チャンネルを作り直すことも検討しましょう。

まとめ。

今回はYouTubeチャンネルを立て直す方法・コツというテーマで話していきました。

まとめると、

  • データの悪い動画を削除する。
  • 動画・チャンネルに統一性を持たせる。
  • サムネ・タイトルを改善してYouTube検索からの流入を狙う。

ということですね。

当記事を最後まで読んでくれてありがとうございます。

当ブログはYouTubeを中心としてSNS、ブログ、イラストに関しての情報を常に発信しています。

もし良かったら他の記事も読んでみてください。

ぜひ参考になれば幸いです。

RELATED POST