YouTubeの話

【裏技級】YouTube shortsを使って、収益化せずとも稼ぐ方法。

YouTube shortsで再生されるけど、収益化できない

YouTubeを使って稼ぎたい

広告収益以外にも稼ぐ方法を知りたい

今回はそんなことを思った人は、見る価値がある記事です。

こんにちはつっしーです。

「YouTube shortsを使ってチャネンル登録者を増やせたのはいいけど、なかなか収益ができない」

という人は多いと思います。

そのはず、YouTube shortsは多くの人にリーチできるコンテンツですが、YouTube収益化条件である『総再生時間』のカウントにカウントされないというデメリットがあります。

そうなってくるとやはり通常動画も同様に投稿し、収益化を目指していかなければいけません。

しかし、「ショート動画で再生されるけど、通常動画は再生されない」ということは多くの人の悩みだと思います。

そこで今回は

YouTube shortsを使って、収益化せずとも稼ぐ方法

というテーマで記事を書いていきます。

ぜひ参考になれば幸いです。

YouTube shortsの特性

YouTube shortsとは

YouTube shortsとは、縦型の60秒以内のショート動画のことを指します。

現在YouTube shortsは全世界で月間300億回以上再生されているビックコンテンツの一つになっています。

YouTubeの通常と違い、縦スクロールで動画が次々と自動再生される仕組みになっていて、『ショートフィード』と呼ばれるYouTube上の新しい枠で再生されるようになっています。

その為、サムネイルなどよりも再生された時の平均再生時間などの通常の動画と違ったデータがショート動画では重要になってきます。

ショート動画メリット・デメリット。

ショート動画のメリットとして挙げるのは、

  • 通常動画よりも再生回数が回りやすい。
  • チャンネル登録者が増やしやすい。

ということです。

デメリットとしては、先ほど申し上げた

  • 収益化条件の『総再生時間に4000時間』にカウントされない。
  • ショート動画が再生されるからといって、通常動画は再生されるとは限らない。

というのがあります。

YouTube shortsを使って、収益化せずとも稼ぐ方法。

今回の記事の肝になります。

YouTube shortsではチャンネル登録者を増やせることができる反面、収益化に必要な総再生時間にカウントされません。

なので、必要なのは『広告収益』以外での収益化の仕組みを独自で作らなければいけません。

そこで今回紹介するYouTube shortsを使った稼ぎ方は、

アフィリエイト✖️コミュニティ機能

になります。

アフィリエイトとは、商品・サービスを紹介し、その紹介で購入された場合、紹介手数料を手にすることができる仕組みです。
YouTubeコミュニティ機能とは、Twitterのツイートのように文字や画像で自身の登録者に告知、お知らせする機能です。

アフィリエイト✖️コミュニティ機能を使って稼ぐ方法。

簡単にいえば、

自身の行っているジャンルに沿ったおすすめの商品・サービスをYouTubeのコミュニティ機能を使って告知するというやり方です。

いわゆるツイッターの広告のようなものと考えればわかりやすいかもしれません。

YouTube shortsでチャンネル登録者を増やした場合、通常の動画を投稿した場合おすすめに載りずらいですが、なぜかコミュニティ投稿機能は多くのチャンネル登録者に表示されるようになっています。

そのため自身のチャンネル登録者のニーズに合わせた「アフィリエイトの記事投稿」をすることで、視聴者の購入を促すことができます。

コミュニティ機能は、文字と画像両方で視聴者にアピールできます。

ポイント!

ショート動画でより簡単に登録者を増やすことができる。
コミュニティ投稿機能は、通常動画で登録した視聴者とショート動画登録した視聴者関係なく、幅広い登録者に告知できる。
それを利用して、アフィリエイト記事を多くのユーザーに届けることができる。

YouTube漫画アフィリエイトで月数百万!?

今回紹介した方法は、漫画アフィリエイトと相性がいい傾向があります。

特に、エンタメ系のYouTubeを発信している人におすすめです。

漫画系はさまざまなジャンルがあるので、多くのユーザーに刺さりやすくなっています。

そのため、現にYouTubeを使って漫画アフィリエイトで稼いでいる人が増えてきています。

具体的にはこちらの記事をご覧ください。

おすすめのASP

ASPとは

ASPとは、個人と企業をつなげるサービスのことを指します。

いわゆる、ASPはアフィリエイトの広告代理店です。

広告主とYouTuberをつないで報酬を振り込んでくれます。

個人と企業が直接商品を紹介することは滅多になく、ASPというサイトを通して自身のジャンルにあったサービスを見つけることができます。

つまり、アフィリエイトをするためには何かしらのASPを通さないとできないということです。

おすすめのASP

では一体どのASPに登録すればいいのかというと、とりあえず以下の3つを押さえておけばOKです。

ASPサイトによって若干取り扱い商品・サービスが違いますが、ASPの大手のサービスに加入しておけば自分に合ったおすすめ商品が見つかるはずです。

どのASPの登録も自身のSNSがあれば簡単にできます。

無料で5分程度で審査を申し込めるので、ぜひこの機会にやってみましょう。

A8.net※審査なく加入可能!ASPの中でも最も多い豊富な品揃え!アフィリエイトの王道。

バリューコマース※様々なショッピング取り扱い商品!生活品やサービス系が強め

もしもアフィリエイト※物販・サービス全般。


終わりに 〜Youtube shortsを収益化させる方法〜

当記事を最後まで読んでくれてありがとうございます。

今回はYouTube shortsを使って、収益化せずとも稼ぐ方法を紹介してきました。

とはいえ、できれば自身のYouTubeチャンネルを収益化させておきたいというのもあると思います。

収益化させることができれば、“アフィリエイト収益“と“広告収益“の2つを手にすることができます。

ではいった、どうすればYouTubeチャンネルを収益化させることができるのでしょうか?

YouTube収益化で最も大変なのは、YouTube収益化の条件である『総再生時間4,000時間』になります。

どうすれば総再生時間を増やすことができるのか?

そのヒント、コツは下の記事にまとめました。

興味のある人は下の記事をご覧ください。

RELATED POST